2015年2月27日金曜日

John Cowan

Internet Archive を掘っていると思うんですが、アメリカの音楽シーンで最大の勢力を誇るジャンルはカントリーなんだなって。

ま、カントリーが白人がやる一番ポピュラーな音楽を意味するらしいから当然と言えば当然なんですが、Taylor Swift みたいなこじゃれたカントリーじゃなくて、「イヤッハー」みたいなかけ声が入る、まさに Country & Western な曲を演やるグループがとにかく多いです。
https://archive.org/details/del1988-03-12

日本でも地方(ここだ)に行くと、演歌が一番人を集めるような事実がありますが、アメリカってごく一部の大都市を除くと田舎というか、音楽も保守的なんだなって思った次第です。

さて、正直じいさん掘ったならシリーズ第4弾、今回はブルーグラス(ここでカントリーじゃないのがなんとも・・^^;)から、John Cowan おじいちゃんです。真ん中の人ね。


1952年生まれだから本当におじいちゃん世代なんですけど、つやと張りのある良い声してます。 そして、ブルーグラスというと何か古くさい印象ですが、全然んなことありません。

楽器はベースを弾いていて、このライブが録音された2008年当時は、多分ですが JOHN COWAN BAND を率いていました。

最近(といっても10年以上前だけど)はブルーグラス系の曲を演っていますが、ドゥービー・ブラザーズのツアーメンバーを務めたこともあるみたいですね。

ま、とにかく魅力的な曲がいっぱいのライブなので聴いてみてください。
https://archive.org/details/JCB2008-02-23

ちなみにですが、このライブの録音は、
マイク:  AKG C 568 EB's
レコーダー:  Edirol R4
ですから、それほど高い機材は使われていません。
録音に詳しくはないのですが、このレベルのマイクでも解像度は十分って感じです。
ただ、空気感みたいなものは少ないかな。


http://www.johncowan.com/
https://www.facebook.com/the.john.cowan.band

2015年2月25日水曜日

Calexico

Internet Archive、ここ掘れわんわんシリーズ U^ェ^U 第3弾。
20年近いキャリアのあるベテラングループ、アリゾナ州・ツーソンを拠点にする CALEXICO です。来日経験もあります。


皆さんええオッサンですね (^ω^) 渋いです。
昨日取り上げた Keller Williams と同様、多くの音楽ジャンルが融合した音楽を演奏しますが、ラテン、マリアッチの要素を盛り込んだ楽曲が多いように思います。

思わずリズムを取りたくなります。ライブを聴いてみたいなぁ。
https://archive.org/details/calexico2005-05-04.matrix.flac16

ビルボードのアルバムチャート、トップ200にランクインしたことがあるみたいですね。
http://en.wikipedia.org/wiki/Calexico_%28band%29

http://www.casadecalexico.com/

しかし、こうやってアーティストを紹介しようとすると自分の音楽的素養のなさに情けない思いが募ります。

少なくない数のアルバムを聴いてきたのですが、ジャンル関係なしに聴き飛ばしで勉強もしなかったので当然ですが。(T-T)

2015年2月24日火曜日

高原にいます

lightMPD の界隈では、最近公開されたRaspberry Pi 版の話題で賑やかですが、完全に蚊帳の外ですわたくし。

新しもの好きが何故かというと、Raspberry Pi の場合 USB の回路に問題があるので、高音質をねらうなら I2S 接続の DAC が必須だからなんですよね。

自分はフルデジタルアンプ使い。(^^
I2Sで Ras Pi とデジアンはつかえんわな。

なのでにぎわいを指をくわえて見る以外ないのです。

ただ、デジアン使ってなくても Ras Pi には走らなかったかもしれません。

なぜかというと、Ras Pi には apu1c のような落ち着いた感じのケースがないから。
亀の子式に DAC を繋ぐ場合はなおのことで、既成のケースは多分全然使えない。

たかがケースと言うなかれ。オーディオラックに 置くことを考えると、オモチャみたいな見た目だと悲しくなります。


apu1c の設置状況です。光量不足で見づらいですが、高級感はないものの、オーディオラックに置いて違和感がありません。

ちなみにオーディオラックは市販のものじゃなくて地元産の無垢材を使って家具屋さんに作ってもらったものです。(結構ワイルド ^^;)

Ras Pi だとタカチあたりのケースを自分で加工するか専門業業者に加工してもらわないとこうはなりません。

自分で加工するスキルはないし、業者に依頼する金もない。

なので、Pi の賑わいは傍観しています。(ふっ)

それから、負け惜しみにしかなりませんが、I2Sの亀の子式の DAC って極小ですけど物量投入型の DAC にひけを取らない高音質なのでしょうか?

PC オーディオ実験室さんが日頃述べられているように、アナログ機器と言える DAC は電源周りをはじめとするパーツに物量を投入しないと、あるレベル以上の音質にはならないような気がします。

現状、Pi 用のI2S DAC に物量投入型と言えるものはありません。つまり音質的には・・
もし物量投入型が登場しても多分高くて買えないんですが、それは別の話ということで。

ということで、現在は apu1c + lightMPD-v0.08 が聴かせてくれる音に満足しきっている状態です。

もうこれで良いかも。
オーディオ系のブログが更新ストップするのって、多分こんな状態になるからなんでしょうね。

 ・・・・・・・・

lightMPD-v0.1 カモーン。

Keller Williams


こんなんでましたシリーズ(^^;第2弾。Keller Williams 。

わけわかめですこのひと。同じ時期のライブでも全然違うジャンルの曲演ってます。

アメリカ版の Wikipedia を見ると、 'one-man jam-band' と呼ばれていて、ブルーグラス、フォーク、ロック、レゲエ、エレクトロニカ、ジャズ、ファンク、and other のジャンルを詰め合わせた曲を演っていると紹介されています。

ブルーグラスとフォークは近いような感じがするんですが、レゲエって(^^;

Wikipedia にページがあるからそれなりに有名、というか何度か来日もしているんですね。

アコギとエレキ両方使うのですが、かなり上手いです by 素人評価。
声も好きだな〜。

Amazon で CD も売ってるようだからそのうち買ってみるかな、って思わせるくらい気に入りました。

Internet Archive に非常に多くのライブ音源が登録されているのですが、今回はその中で音質が良いものをご紹介。アコギで演っています。
https://archive.org/details/kwgg2014-08-01.dpa4011.flac16

音質は Mike Mizwinsky に比べると柔らかですが、解像度は悪くないと思います。

http://kellerwilliams.net/

2015年2月22日日曜日

Mike Mizwinski


数日前に Internet Archive というサイトを見つけて、そこで知ったアーティストです。
フォークのような、カントリーのような、ロックのようなテイストの音楽を演っている シンが・ソングライターの Mike Mizwinski(MiZ) さん。(アメリカでは Americana っていうジャンルにカテゴライズされるらしい)

アコギ1本でステージに立っているようなんですが、ギターの腕前がなかなかのモンです。
声も良いですね。どこかで聴いたことのあるような、そんな感じの声ですが。

ちなみに今、iMac に1500円位のイヤホンをブッ挿して聴いているのですが、音は硬質な印象を受けます。

まだ、本国アメリカでもインディーズで CD をリリースしたくらいで、Wikipedia でも紹介されていないレベルなのですが、一度聴いてみる価値はあるように思います。

http://www.mikemizmusic.com/
https://www.facebook.com/mizmusic

2015年2月18日水曜日

Launch of Space Shuttle

普段オーディオシステムでは音楽しか聴かないんですが、これは試しに聴いてみました。
SP壊してしまうといけないので、小音量でしか今のところ聴いていないのですが、人類が産んだ暴力的なまでの大音量(兵器除く)の1つではないかと。

とにかく迫力がハンパないです。(^o^)
おそらくカットされていない超低音がウーファーを暴力的に揺らす。
高域も限界まで伸びてる!

恐ろしやスペースシャトル。
ハイレゾで録音された離陸時の爆音は一聴の価値ありです。ほんますかっとします。
ただしくれぐれもスピーカを壊さないように最初は控えめな音で。

38cmダブルウーファーのシステムで聴いたら凄いだろうな〜、とニアフィールド派ですが、この度は思いました。

 https://archive.org/details/LaunchOfSpaceShuttleEndavourOnMissionSts-123


2015年2月14日土曜日

ローリングストーン誌が選ぶ歴史上最も偉大なアーティストベスト100

...ψ(。。) メモメモ....
ん〜、聴けていない...(^^;
雑食系と言いながらロック系はホント聴けてないな。
Best10でもアルバム持ってるのは1位の The Beatles は全部持ってるとして 4位の The Rolling Stones のベスト盤を持ってるくらい。
全体でも20組くらいしかアルバム持ってないような。
聴かないで逝くのはもったいない。
さて、どこから切り崩すか・・・。
  1. The Beatles
  2. Bob Dylan
  3. Elvis Presley
  4. The Rolling Stones
  5. Chuck Berry
  6. Jimi Hendrix
  7. James Brown
  8. Little Richard
  9. Aretha Franklin
  10. Ray Charles
  11. Bob Marley
  12. The Beach Boys
  13. Buddy Holly
  14. Led Zeppelin
  15. Stevie Wonder
  16. Sam Cooke
  17. Muddy Waters
  18. Marvin Gaye
  19. The Velvet Underground
  20. Bo Diddley
  21. Otis Redding
  22. U2
  23. Bruce Springsteen
  24. Jerry Lee Lewis
  25. Fats Domino
  26. The Ramones
  27. Prince
  28. The Clash
  29. The Who
  30. Nirvana
  31. Johnny Cash
  32. Smokey Robinson and the Miracles
  33. The Everly Brothers
  34. Neil Young
  35. Michael Jackson
  36. Madonna
  37. Roy Orbison
  38. John Lennon
  39. David Bowie
  40. Simon and Garfunkel
  41. The Doors
  42. Van Morrison
  43. Sly and the Family Stone
  44. Public Enemy
  45. The Byrds
  46. Janis Joplin
  47. Patti Smith
  48. Run-DMC
  49. Elton John
  50. The Band
  51. Pink Floyd
  52. Queen
  53. The Allman Brothers Band
  54. Howlin' Wolf
  55. Eric Clapton
  56. Dr. Dre
  57. Grateful Dead
  58. Parliament and Funkadelic
  59. Aerosmith
  60. The Sex Pistols
  61. Metallica
  62. Joni Mitchell
  63. Tina Turner
  64. Phil Spector
  65. The Kinks
  66. Al Green
  67. Cream
  68. The Temptations
  69. Jackie Wilson
  70. The Police
  71. Frank Zappa
  72. AC/DC
  73. Radiohead
  74. Hank Williams
  75. Eagles
  76. The Shirelles
  77. Beastie Boys
  78. The Stooges
  79. The Four Tops
  80. Elvis Costello
  81. The Drifters
  82. Creedence Clearwater Revival
  83. Eminem
  84. James Taylor
  85. Black Sabbath
  86. Tupac Shakur
  87. Gram Parsons
  88. Jay-Z
  89. The Yardbirds
  90. Carlos Santana
  91. Tom Petty
  92. Guns n' Roses
  93. Booker T. and the MGs
  94. Nine Inch Nails
  95. Lynyrd Skynyrd
  96. Diana Ross and the Supremes
  97. R.E.M.
  98. Curtis Mayfield
  99. Carl Perkins
  100. Talking Heads

2015年2月11日水曜日

【リトグリ】生歌!生音!生Live! ! Girls be Free! Special Music Video in 渋谷


さすがリトグリ!
YouTube で色んな MV 見てきたけど出色の出来じゃないかしらん。

Short ver. じゃなくて Full なんだけど、
「渋谷の街で完全に撮影時に収録した歌と、街中でメンバーが出した音のみで構成された前­半からCD音源部分、さらにライブ音源までリトグリの魅力を凝縮したSpecial Movieになりました! 」
って書かれているように、単に CD 音源に映像を被せたんじゃなくて、3種類の音源を繋げているんですよね。

で、前半の撮影時に収録した部分とライブ音源なんだけど、多分ピッチを補正していないというかその必要がない。

こんなこと普通のアイドルグループだと歌唱が崩壊して多分無理。(^^;

かといって、ピッチを補正すると生歌らしさがなくなって、わざわざ3つの音源を繋げた意味がなくなるし。

 圧倒的な歌唱力のリトグリだからこそ出来た MV。
実際ありそうでなかったし。

放課後ハイファイブの MV では十分表現できていなかった彼女たちの魅力がこの MV ではこれでもか、ってくらい十分に堪能できます。

あ、冒頭の小芝居も中高生女子の素がでてるっぽくて、なにげに面白い。

2015年2月8日日曜日

赤デロリアン


買ってしまいました。BABYMETAL の "LIVE AT BUDOKAN~RED NIGHT~" 。

胸熱くなりました。これ良いです。絶対お勧め。

色々語りたいところなんですが、ネットに秀逸なレビューがいっぱい上がっているので下手な文章で汚すべきではないと自重。



2015年2月7日土曜日

RockDisk Next の現在


1月21日に2度目の修理から帰ってきた RockDisk Next ですが、QNAP を買っちゃったものだから、lightMPD 用の NAS としては隠居の身になってしまいました。

一応修理されて帰ってきたから使わないと勿体ないのですが、さて何に使ったものか。

最初に思いついた用途は音楽ファイルのバックアップ用だったのですが、勝手に出来てしまうサムネイルの扱いに困ったことと、いつ壊れるか解らない (^^;) ので、これは止めにしました。

他に使い道ないな〜、寝かせておくかな〜、と思い始めたのですが、説明書をもう一度読むと、Time Machine に使えるみたいなことが書いてあります。

直ぐ壊れそうなものをTime Machine に使うのもなんなのですが、たまーに USBHDD にバックアップを取るようにして、普段は RockDisk Next でバックアップを取るようにすれば使えるかも、ということで、Time Machine で使って見ることにしました。

設定はこちらのサイトを参考にさせて頂きました。
2Gある容量の適当な分を Time Machine に使うことも出来るのですが、他に使い道も思いつかなかったため、2G 全部を使うことにしました。

で、昨日まで使っていたのですが、何となく変。長時間 Mac を使っていてもバックアップされている気配がないのです。

調べてみると RochDisk Next がハングアップしてました。(^^;
20日弱の連続稼働でハングアップです。

3台使っている BUFFALO の NAS がどれも数ヶ月連続で稼働させてもハングアップしないのに比べるとなんとも不安定。これが挑戦者クオリティーなんですね。

電源を落として再起動させると動き出しました。やれやれ。

ところが、3時間程度でまたハングアップ。今度はハードディスクを認識していません。
何度か電源を切ったり入れたり、またリセットもしてみたのですがやはり認識してくれません。

しょうがないので、さしたる根拠があった訳じゃないのですが、ケースを開けて配線のコネクターがきちんと刺さっているか確認して電源を入れると認識してくれました。
なんなんでしょうね。(^^;)取りあえずは動き出したのでよしとしましょう。再度やれやれ。

RockDisk Next、使えね〜!