2016年12月18日日曜日

行ってきました! "Rei Release Live ORB"


最高!圧倒的な才能の前におじさんただ感涙。

ギターテクは凄いの一言。多彩な奏法を駆使してポップな入りからブルージィにハードなロックへと変幻自在。最後はクラシックなテイストで締めてくれました。

奏法が多彩なだけでなく、リズム感が半端じゃないです。もう乗せられまくり。



2016年12月17日土曜日

最強歌少女2

最強歌少女2として2、3回活動した子とそれ以外に2名がYouTubeに「チャンネルMME」として動画をアップしていますね。

最強歌少女2のプロジェクトが続いているということでしょうか?

さらっと聴いてみましたがみなさん上手ですね。

動画をアップしているのは以下の5名。
大下華歩
齋藤瑠希
駒津柚希
宮本夏音
橋本梨々香

https://www.youtube.com/channel/UC7Ux3nEiQy9G_gQYLpqevYw

2016年12月15日木曜日

FNS歌謡祭2016冬 第2夜

クリス・ハートさんとのコラボ最高でした。
ただ、演奏時間はもう少し欲しかったですね。
歌唱力は認められているけど、もっと時間をもらうには実績を積んで行かないと、ですね。
ファンとしては応援するのみ。

・ママがサンタにキッスした
・雪のクリスマス

2016年12月11日日曜日

ふっるーいiMacにWindows7(備忘録)

10年選手のiMacをもう暫く使いたいのでメモ。

iMac (20inch, Late 2006)にWindows7(32bit)をインストール際に必要なもの

Boot Camp Support Software 4.0.4033

"Boot Camp Support Software 4.0.4033"かSnow LeopardのDVDに入っているグラフィックス・ドライバー

¥Drivers¥ATI¥ATIGraphicsSetup.exe


そのうちマルチブートでLinuxをインストールする予定。

2016年12月10日土曜日

Rei Release Live ORB

渋谷WWWでのワンマンライブ "Rei Release Live ORB"。

大成功だったみたいですね。行きたかった(笑)

PopでキャッチーなCDも素敵だけど、よりブルージーなライブはもう最高なんです。

12月16日の心斎橋PANGEA。楽しみすぎて禿げそうw w


2016年12月6日火曜日

intona High Speed USB Isolator

懐が非常に寂しいので「買った!」、「使ってみた!」というレポートができないのが悲しいのですが、今一番欲しいものといえは、intona社(独)のHigh Speed USB Isolatorです。

医療機器用向けのようですが、PCオーディオの世界ではレジェンド的な方々がその音質改善効果を絶賛されています。

すぐにでも欲しいのですが、しょぼい外観にも関わらず、お高いんですよね(苦笑)

値段は、まぁなんとかなる範囲ですが、もう一つの懸念しているのは「効きすぎ」。

intonaが全てを支配してしまうのではないかという危惧。

まぁ、それでも多分これは買っちゃうんだろうな〜(笑)


2016年12月4日日曜日

Joyful Monster

2014年に YouTube で動画を見つけて以来、陰ながら応援している(笑)Little Glee Monster の 2nd アルバムの収録曲とアートワークが公開されました。

最近よくある複数バージョンでのリリースですが、音楽ファンにオススメなのは「通常盤」。

リトグリのオリジナル曲は同世代がターゲットなので、おじさんには少しこそばゆいのですが「通常盤」は2枚組で Disc.2 に名曲のカバーが収録されます。

このカバーが素晴らしい。聴きどころはコーラス。
欧米の業界に詳しい方が世界的に見ても稀なガールグループと断言する、美しいハーモニーを奏でてくれます。

音質は(多分)スマホと安価なイヤホンで聴くことを前提にした(^^;)ものになるでしょうが、それを補って余りある内容になっていることは間違いありません。

まずはレンタルでも良いので一度聴いてみてください。びっくりすると思います(^-^)

あ、発売は2017年1月6日です。

2016年12月3日土曜日

apu用の高音質ACアダプター

RME Fireface用の電源として一部で人気だったヤマハの"PA-6"。

apuに使っても音質向上に効果があると言われていたのですが、残念なことにすでに生産完了になっています。

ところがヤマハのサイトによると「サービスパーツ : V6952000(PA-6B」として現在もヤマハ特約楽器店で購入可能らしいです。

オーディオ用の超低ノイズ電源もいくつか売られていますが、いずれもとてもお高い(^^;)

それに、ノイズの塊のようなPCに供給する電源ですから、「そこそこ」のクオリティで良いようにも思います。

そんなふうに思っている私には「サービスパーツ : V6952000(PA-6B」はとても魅力的に見えます。

なくなる前に手に入れておくかな?



Singxer F-1 XMOS USB Digital Interface Module XU208 U8

Singxer F-1 XMOS USB Digital Interface Module XU208 U8

メーカーは怪しいけど今となっては貴重なDDCなのでメモ。
ebayで22,000円以内で購入可能。(2016.12.3)

2016年11月29日火曜日

Wi-Fiでも高音質なlightMPD/upnpgw

イーサネットを分離するとともにadapterとplayerのpolipoをカスケード接続すると、私が経験したノイズが出て曲がスキップしてしまう障害の他にも、wavファイルが再生できないという障害が報告されていますが、イーサネットを分離しなければ、polipoをカスケード接続しても正常に再生ができます。

試しに"イーサネット分離せず"+"polipoカスケード接続"という設定で、隣室に置いたNASの曲を再生してみたのですが、普通に良い音でびっくり。

これまでファンレスのNASをオーディオラックに置いていたのですが、静かな夜などHDDのシーク音が気になることがありました。

無音のSSDが欲しいけどまだ高いなぁ、と思っていたのですが、どうやらSSDは当分買う必要がなくなったみたいです。

NASを隣室に置けば良いのですから。

(追記)
実用上支障は無いのですが、コントロールポイントとしてLUMINを使用した場合、?な挙動を示すことがあります。






2016年11月28日月曜日

『歌い、継ぐ』 ~永六輔さん追悼コンサート~

2017年01月20日(金)と22日(日)の二日、神奈川芸術劇場で、
『歌い、継ぐ』 ~永六輔さん追悼コンサート~
が開催され、私がこのブログに何度も書いている Little Glee Monster が出演します。


 普段の彼女たちのライブは同世代の女の子向けの曲が多いのですが、このコンサートでは(多分ですが)、大人向けの曲を演奏すると思います。

業界に長く身を置く方が Little Glee Monster を評してこう書いています。

”アメリカに行けばリトグリと同世代でリトグリと同じかそれ以上の実力を持ってる女の子のボーカルグループがうじゃうじゃいると思っている方。はっきり言いますが、いません。一組もいません。そしてこれからもそんな子達は出てきません。”

この言葉、誇張でもなんでもありません。

音楽経験が長い方であれば、ワンフレーズ聴くだけで彼女たちのすごさが分かると思います。

近隣にお住いの方はぜひ足を運んでみて下さい。

【出演】
デューク・エイセス
大友良英
Little Glee Monster
育之介
大友良英スペシャルバンド


【スペシャルゲスト】
さかいゆう(1月20日のみ)
大竹しのぶ / 山崎まさよし(1月22日のみ)


演 出:佐藤剛(ファイブディー・ラボ)
音楽監督:大友良英
制作協力:永良明(オフィス六丁目)
土屋由美(オールスタッフ)
制 作:大島博文(アンクル・キュウ)/松尾文美
プロデューサー:中村力丸(八大コーポレーション)
 
主催:マグカル・フェスティバル実行委員会
後援:TBSラジオ
企画製作:KAAT神奈川芸術劇場


問い合わせ:0570-00-3337 サンライズプロモーション

2016年11月27日日曜日

lightMPD/upnpgw(全部盛り)

lightMPD/upnpgw(全部盛り)

私が勝手に付けた名前ですが(笑)全部盛りとは、以下の設定のことです。
1. playerにもupnpgwを使用
2. music dataとplaylistを別のイーサネットでplayerに送る
3. adapterとplayerのpolipo(キャッシュサーバー)をカスケード接続する




<<adapterの設定>>
/lightMPD/lightmpd.conf
"conf"に含まれる"lightmpd.conf-upnpgw-nasgate"を使用
---------------------------------------------------------------
#[network]は各自の環境に合わせる
#
[network]
        interface=eth0
        address=192.168.0.0
        gateway=192.168.0.0
        netmask=255.255.255.0
        nameserver=192.168.0.0
        domain=mydomain.jp

[ntp]
        server=ntp.nict.jp
        ntpd=no
        timezone=Asia/Tokyo

[network:player]
        interface=eth1
        address=10.0.0.1
        netmask=255.255.255.252

[network:nasgate]
        interface=eth2
        address=10.0.1.1
        netmask=255.255.255.252

[cpuaffinity]
        type=0

[irqpriority]
        setdefault=no

[telnetd]
#  yes | no
        enable=yes
        port=23

[upmpdcli]
        enable=yes
        upnpiface = eth0
        mpdhost=10.0.0.2
        mpdport=6600
        friendlyname=UpLightMpd
        ohproductroom=UpLightMpd      
        logfilename=/tmp/upmpdcli.log
        openhome = 1
        ohmetapersist = 1    
        loglevel = 3


[polipo]
        enable=yes
#
        proxyAddress = 0.0.0.0
        allowedClients = 10.0.1.2
#
        chunkHighMark = 1024
        chunkLowMark = 256
        chunkCriticalMark = 768
        objectHighMark = 2048
#
        dnsQueryIPv6 = no
        cacheIsShared = false
        dnsUseGethostbyname = yes
        disableConfiguration = true
        disableIndexing = true
        disableLocalInterface = true

[nat]
        masquerade=network:player,network:nasgate
        dnsforwarding=yes
        ntpforwarding=yes
        8023=10.0.0.2:23

*****************************************************************
/lightMPD/mpd.conf
変更なし
*****************************************************************

/boot/grub/menu.lst
以下の部分を変更
---------------------------------------------------------------
# upnpgw
kernel /boot/bzImage-4.6.5rt10-64 root=/dev/ram0 ro console=ttyS0,115200n8 ramdisk_size=98304 rootfstype=romfs rootdelay=5 clocksource=hpet lightmpd.systype=apu1 lightmpd.bootdev=/dev/sda1

#  standalone
#kernel          /boot/bzImage-4.6.5rt10-64 root=/dev/ram0 ro console=ttyS0,115200n8 ramdisk_size=98304 rootfstype=romfs rootdelay=5 clocksource=tsc idle=poll processor.max_cstate=1 isolcpus=1 nohz_full=1 rcu_nocbs=1 lightmpd.systype=apu1 lightmpd.bootdev=/dev/sda1



<<playerの設定>>
/lightMPD/lightmpd.conf
---------------------------------------------------------------
#
#
[network]
interface=eth0
address=10.0.0.2
gateway=10.0.0.1
netmask=255.255.255.252
nameserver=10.0.0.1
domain=arakinet.jp

[network:nasgate]
interface=eth1
address=10.0.1.2
netmask=255.255.255.252

[route]
# nas-ip/32 = gateway
# 192.168.0.0/32=10.0.1.1

[ntp]
server=10.0.0.1
ntpd=no
timezone=Asia/Tokyo

[mpd]
load_module=mpd-0.19.18rt-native-dsd-upnp

[polipo]
enable = yes
proxyAddress = 127.0.0.1
allowedClients = 127.0.0.1
        parentProxy = 10.0.1.1:8123
dnsQueryIPv6 = no
chunkHighMark = 1024
chunkLowMark = 256
chunkCriticalMark = 512
objectHighMark = 2048
cacheIsShared = false
dnsUseGethostbyname = yes
#
# disableVia = false
disableConfiguration = true
disableIndexing = true
disableLocalInterface = true
#
        replyUnpipelineTime = 40
        smallRequestTime = 20
        maxSideBuffering = 15000

[rpcbind]
enable=no

[telnetd]
#  yes | no
enable=yes
port=23

[webconsole]
#  yes | no
#  start page:   http://thishost:${port}/index.html
enable=no
port=9000

[cpuaffinity]
#  0   normal
#  1   cpu1:  usb irq handler
#  2   cpu1:  usb irq handler
        type=2

[irqpriority]
setdefault=no
xhci_hcd#0=FIFO:99

[debug]
interfaces=yes
resolvconf=yes
ntpd=yes
ntpconf=yes
ifconfig=yes
cards=yes
mounts=yes
ps=yes
mpdversion=yes
date=yes
ntpq=yes
music=yes
messages=yes
save=no
*****************************************************************
/lightMPD/mpd.conf
変更なし
*****************************************************************
/boot/grub/menu.lst
変更なし



素晴らしい音質の「全部盛り」ですが、環境によっては一部のwavファイルが再生されなかったり、alacでノイズとともに曲がスキップしてしまう不具合が確認されています。

不具合が発生した場合は、「イーサネットを分離」し「playerのpolipoだけを使用」する設定にすれば解消します。

playerのlightmpd.confの設定
---------------------------------------------------------------
[route]
    nas-ip-address/32= 10.0.1.1

#parentProxy

*****************************************************************
playerのmpd.confの"curl"の設定
---------------------------------------------------------------
input {
   plugin "curl"
   proxy  "127.0.0.1:8123"
}
---------------------------------------------------------------



2016年11月22日火曜日

lightMPD/upnpgw この設定が最高

(2017/03/25: 追記)
rootfs がアップデートされたので、現在はこの設定が最高だと思います (^-^)


--------------------------------------------------------------------------------
lightMPD/upnpgw がリリースされて早2ヶ月。

色々な設定を試してきましたが、CDプレーヤーを利用していた時期も含めて一番好みの音が出ています。

とてもナチュラルで音楽を楽しめる音。さらにスピーカーの存在を忘れるような音場まで!

ま、あくまでエントリークラスでの話ですが(笑)


<設定の概要>
apu2c4 をアダプター、apu1c を player に使い、player も "lightMPD v1.0.2" ではなく "lightMPD/upnpgw v1.0.0" を使用。

また、"polipo" は player 側だけ有効にしています。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
Adapter
/lightMPD/lightmpd.conf

#
#
[network]
        interface=eth0
        address=192.168.1.20
        gateway=192.168.1.1
        netmask=255.255.255.0
        nameserver=192.168.1.1
        domain=mydomain.jp

[ntp]
        server=ntp.nict.jp
        ntpd=no
        timezone=Asia/Tokyo

[network:player]
        interface=eth1
        address=10.0.0.1
        netmask=255.255.255.252

[cpuaffinity]
        type=0

[irqpriority]
        setdefault=no

[telnetd]
#  yes | no
        enable=yes
        port=23

[upmpdcli]
        enable=yes
        upnpiface = eth0
        mpdhost=10.0.0.2
        mpdport=6600
        friendlyname=UpLightMpd
        ohproductroom=UpLightMpd
        openhome = 1
        ohmetapersist = 1
        logfilename=/var/log/upmpdcli.log
        loglevel = 3

[nat]
        masquerade=network:player
        dnsforwarding=no
        ntpforwarding=no
        8023=10.0.0.2:23
------------------------------------
/lightMPD/mpd.conf

変更なし
------------------------------------
/boot/grub/menu.lst

# upnpgw
kernel /boot/bzImage-4.8.6rt5 root=/dev/ram0 ro console=ttyS0,115200n8 ramdisk_size=98304 rootfstype=romfs rootdelay=5 clocksource=hpet lightmpd.systype=apu2 lightmpd.bootdev=/dev/sda1

#  standalone
#kernel          /boot/bzImage-4.6.5rt10-64 root=/dev/ram0 ro console=ttyS0,115200n8 ramdisk_size=98304 rootfstype=romfs rootdelay=5 clocksource=tsc idle=poll processor.max_cstate=1 isolcpus=1 nohz_full=1 rcu_nocbs=1 lightmpd.systype=apu2 lightmpd.bootdev=/dev/sda1




_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
Player
/lightMPD/lightmpd.conf
#
#
[network]
        interface=eth0
        address=10.0.0.2
        netmask=255.255.255.252
        gateway=10.0.0.1
nameserver=192.168.1.1
        domain=mydomain.jp

[ntp]
        server=ntp.nict.jp
        ntpd=no
        timezone=Asia/Tokyo

[mpd]
        load_module=mpd-0.19.18rt-native-dsd-upnp

[cpuaffinity]
#  0   normal
#  1   cpu1:    usb irq handler
#  2   cpu1:    usb irq handler
#      cpu2,cpu3: mpd
       type=1

[irqpriority]
        setdefault=no
        ehci_hcd:usb1=FIFO:99

[polipo]
        enable=yes
#
        proxyAddress = 0.0.0.0
        allowedClients = 127.0.0.1
#
        chunkHighMark = 1024
        chunkLowMark = 256
        chunkCriticalMark = 768
        objectHighMark = 2048
#
        dnsQueryIPv6 = no
        cacheIsShared = false
        dnsUseGethostbyname = yes
        disableConfiguration = true
        disableIndexing = true
        disableLocalInterface = true

[webconsole]
#  yes | no
#  start page:   http://thishost:${port}/index.html
        enable=no
        port=9000

[telnetd]
#  yes | no
        enable=yes
        port=23
------------------------------------
/lightMPD/mpd.conf

変更なし
------------------------------------
/boot/grub/menu.lst

変更なし
------------------------------------



私の環境ではこの設定がベストのようです。

player に upnpgw を利用すると、曲data と playlist を別のネットワークに振り分けることも可能なのですが、それは lightMPD の次期バージョンで試す予定です。

apu2c4 を player に使っても好印象ですが、諸般の都合でスイッチング電源を使っているため、adapter として使っています。
スイッチング電源だと背景が騒がしく感じるので。プラシーボかもですが(笑)


(追記)
apu1と lightMPD/upnpgw v1.0.0 を組み合わせると、USBメモリーの種類によって 1/2 程度の確率で起動しなかったり、全く起動しない場合があるようです。
私が使っているUSBメモリーでは 1/2 の確率で起動しません。
確認していませんが、SDカードであれば 100% 起動するようです。




最もシンプルな lightMPD/upnpgw の設定

lightMPD/upnpgw を一番シンプルな "スタンドアローン" でセットアップする手順です。

<準備するもの>
01. ネットワーク環境
lightMPD/upnpgw は Wi-Fi に対応していないので、有線LAN か Wi-Fi の子機が必要です。

02. USB DAC
USB DAC の機能を持ったオーディオシステムがどうしても必要(笑)

03. apu(現在は apu2c2、apu2c4)
現在のところ、lightMPD/upnpgw は PC Engines社の "apu1" 及び "apu2" のみで動きます。
「メモリー使用率が小さいほど音質が良い」と一部で言われているので、メモリーが 4GB の apu2c4 が良いかも。

❇︎apu はこちらのページで購入可能です。(数量を入力して "cart" タブをクリック)
❇︎apu を購入してケースに入れる際はこちらのページに記載されているヒートシンクの取り付けを参考にしてください。
❇︎apu3 がリリースされていますが、PC Engines に問い合わせた方の情報では apu2 の方がオーディオには向いているらしいです。

04. apu 用の電源
12V で 1.5A 以上の DC電源。ノイズの少ないトランス式が音質的には有利だと思いますが、市販のトランス式電源の中には apu2 と相性が悪く、起動しないものがあるようです。
なので、初めは秋月電子等でスイッチング式の AC アダプターを買ったほうが無難かもしれません。
プラグサイズ = 内経2.5mm/外径5.5mm センタープラス


05. DLNAサーバー機能のある NAS
最近の家庭用 NAS であればほとんど DLNAサーバー機能はあると思います。
これから NAS を購入しようという方には、少々お高いですが QNAP の CPU が intel か ARM の製品をおすすめします。理由は著名な DLNAサーバーソフトが対応しているから。

06. USB メモリー(256MB 以上)
SD カードも利用可能ですが、USBメモリーが何かと便利なので説明は USBメモリーで行います。
    07. Windows PC
    lightMPD/upnpgw の設定に必要です。

    08. LAN & USB ケーブル
    apu をLAN に接続。apu と USB DAC を接続。
    USBケーブルのコネクタ形状は、タイプAオス - タイプBオス 。

    09. iOS もしくは Android 端末
    選曲等の操作をこれで行います。
    なければ PC で代用可能。

    10. "コントロールポイント"アプリ
    上記端末にインストールして選曲などの操作を行うアプリ。
    私が利用しているのは "LUMIN" と "Kazoo" です。
    それぞれ LUMIN と LINN というブランドのネットワークプレーヤー用のアプリなのですが、lightMPD/upnpgr でも使用することが可能です。いずれも iOS とAndroid の両方に対応していおり "ストア" からダウンロードできます。
    ❇︎Kazoo は Windows や Mac にも対応しています。

    11. テキストエディタ
    lightMPD/upnpgw の編集は"TeraPad"等のテキストエディターで行います。
    TeraPad 以外でも文字コード「UTF-8」、改行コード「CR+LF」の指定ができるものであれば OK。(現在この縛りは無くなっているようです)
    Windows 標準の「メモ帳」は x です。

    12. ライティングソフト
    USBメモリーに lightMPD/upnpgw を書き込むために必要なアプリです。ここでは、"Win32 Disk Imager" を使用。

    <PC やスマホにアプリをインストール>
    "コントロールポイント" アプリをスマホやタブレットに、テキストエディタ、ライティングソフトはダウンロードして PC にインストールします。

    ❇︎本当はテキストエディタ等の使用方法も書く必要があるかも知れませんが?、流石にそれは割愛してます(^^;)

    <事前に調べておくこと>
    1. PC の IP アドレス
    2. PC のサブネットマスク
    3. デフォルトゲートウェイの IP アドレス
    4. DNS サーバーのIPアドレス
    1.から4.までの情報は Win ならコマンドプロンプトで "ipconfig /all" と入力することで調べられます。
    コマンドプロンプトは、Windows 10であれば「Windowsマークを右クリック --> コマンドプロンプト」で実行できます。
    (Mac の場合は「システム環境設定 --> ネットワーク(環境)」で調べられます。)

    <NAS の DLNAサーバー機能を有効にする>
    NAS のマニュアルに従って、DLNAサーバー機能を有効にします。
    この時あわせてDLNAサーバーがどのフォルダーに含まれる音楽ファイルをデータベースに登録するか調べておきます。

    <NAS に音楽ファイルを入れる>
    NAS の 先ほど調べたフォルダーに音楽ファイルをコピーします。
    フォルダーの階層構造はお好みで。
    ❇︎音楽ファイルの形式ですが、lightMPD/upnpgw は多くのファイル形式に対応していますが、"FLAC" か "Apple Lossless" が初心者には扱いやすいです。

    apu をネットワーク等に接続
    USBメモリーに lightMPD/upnpgw が書き込めたら直ぐに動作確認できるように apu の向かって一番左側の LAN ポートに LAN ケーブルを接続するとともに,DDC or DAC にも接続しておきます。

    apu の電源はこの段階では ON にしないようにします。

    <apu の IP アドレスを決める>
    LAN に接続する機器にはそれぞれ固有の IPアドレス(例:192.168.1.5)を割り振る必要があります。
    普通は DHCPサーバにより自動的に割り振られているので意識することはないのですが,lightMPD/upnpgw では DHCPサーバー機能を使うことができません。
    そのため "固定アドレス" で apu に IPアドレスを割り振る必要があります。
    具体的には、上で調べた PC の IPアドレスが aaa.bbb.ccc.xxx だとすると xxx の部分だけを変えたアドレスを割り振ります。
    ここで問題になるのが ネットワークに既に接続されている機器に DHCPサーバーが自動的に割り振った IPアドレスとの「重複」です。
    重複はルーターの設定で避けることができますが、少々ややこしいので、いい加減な方法ですが xxx を 123 とか 203 などの DHCサーバーが「割り振りそうにない」数字にして重複を避けることにします
    (実際の設定は後ほど....)

    <インストール>
    01. ダウンロード
    「デジファイのおと」さんから lightMPD/upnpgw をダウンロードします。
    ブートローダーが配置されている "イメージファイル" と rootイメージや kernel を含む "パッケージ" の 2 つのファイルをダウンロードする必要があります。
    "イメージファイル" は使用する USBメモリーの容量に合わせて 3 種類から適当なものをダウンロードします。

    02. 解凍
    ダウンロードしたファイルのうち、"イメージファイル" を解凍します。

    03. イメージファイルの書き込み
    USBメモリーを PC にセットします。
    "Win32 Disk Imager" を起動。
    USBメモリーに対応したドライブが "Device" に表示されていると思いますが、念のためエクスプローラーで確認してください。


    続いて "Image File" を選択します。
    "Device" の左にある「フォルダ」のアイコンをクリックして、先ほど解凍した「イメージファイル」を選択。
    画像を流用しているのでファイル名は異なります
    "Write" をクリック。


    "Yes" をクリック。


    書き込みが始まります。

    書き込み完了。


    これで、「 イメージファイル」が SDカード or USB メモリーに書き込まれ、"boot"というディレクトリ(フォルダ)ができます。

    ※従来、"boot" と "lightMPD" という二つのディレクトリが表示された画像を添付していたのですが、誤りですので訂正しました。参考にされた方にお詫びを申し上げます。

    次に "パッケージ" を右クリックして "すべて展開" を選択。

    USBメモリーを展開先として選んで、"OK" をクリック。

    これで「配布パッケージ」の内容が SDカード or USB メモリーにコピーされ、新たに"lightMPD"というディレクトリ(フォルダ)ができます。



    <設定>
    TeraPad を起動し、"ファイル" --> "開く" で USBメモリーの中の "lightMPD" というフォルダーの中にある "lightmpd.conf" というファイルを開き、編集します。

    ❇︎TeraPad の操作方法は "メモ帳" と似ているので省略(^ω^)

    編集箇所は赤字部分のみ。
    *******************************************************
    #
    [network]
            interface=eth0
            address=192.xxx.x.xx
            gateway=192.xxx.x.x
            netmask=255.xxx.xxx.x
            nameserver=192.xxx.x.x
            domain=mydomain.jp

    [ntp]
            server=ntp.nict.jp
            ntpd=no
            timezone=Asia/Tokyo

    [mpd]
            load_module=mpd-0.19.18rt-native-dsd-upnp

    [cpuaffinity]
    #  0   normal
    #  1   cpu1:    usb irq handler
    #  2   cpu1:    usb irq handler
    #      cpu2,cpu3: mpd
           type=2

    [irqpriority]
            setdefault=no
            ehci_hcd:usb1=FIFO:99

    [upmpdcli]
            enable=yes
            upnpiface = eth0
            mpdhost=localhost
            mpdport=6600
            friendlyname=UpLightMpd
            ohproductroom=UpLightMpd
            openhome = 1
            ohmetapersist = 1
            logfilename=/var/log/upmpdcli.log
            loglevel = 3

    [polipo]
            enable=yes
    #
            proxyAddress = 0.0.0.0
            allowedClients = 127.0.0.1
    #
            chunkHighMark = 1024
            chunkLowMark = 256
            chunkCriticalMark = 768
            objectHighMark = 2048
    #
            dnsQueryIPv6 = no
            cacheIsShared = false
            dnsUseGethostbyname = yes
            disableConfiguration = true
            disableIndexing = true
            disableLocalInterface = true

    [webconsole]
    #  yes | no
    #  start page:   http://thishost:${port}/index.html
            enable=yes
            port=9000

    [telnetd]
    #  yes | no
            enable=yes
            port=23
    *******************************************************
    "[network]" の部分は、

    "address" 以外は事前に調べた PC の値に合わせる
    "address" は<apu のアドレスを決める>で決めた値

    にします。

    "[ntp]" は、上の例に合わせて変更してください。

    編集では全角スペースを使わないように注意します。

    編集ができたら、"ファイル" --> "上書き保存" してください。

    以上で "設定" は完了です。

    <再生> 
    編集結果を USBメモリーにセーブしたら,PC から取り出してapu にセットします。

    NAS とUSB DAC が起動していることを確認後、apu の電源を ON します。

    スマホ等にインストールした "コントロールポイント" アプリを起動します。

    全て上手くいっていればコントロールポイントの表示がそれらしくなりますw

    コントロールポイントの操作方法も書いた方が良いかもしれないんですが、スマホアプリなのでいじっていればなんとなく分かります。←実は疲れてこれ以上書けないw





    2016年11月15日火曜日

    apu2c4 の電源

    自分的に「これなしではいられない」apu2c4 ですが、結構頻繁に起動に失敗するのが悩みのタネでした。

    接点をチェックしたり、LANケーブルを変えたり、スイッチを疑ってみたりしたのですが、症状は一向に改善されず。

    「ハズレかな?」と思い始めていたのですが「デジファイのおと」さんに、「全く起動しなかった apu2c4 が電源を変えたら完璧に起動するようになった。」という投稿があり、もしや?とトランス式の安定化電源からスイッチング式の ACアダプタに変えてみたところ、完璧に起動するようになりました。

    この電源は apu1c でずっと使ってきたもので、全く問題がなかったため、まさか電源が不調の原因とは思いませんでした。

    間違いなく 12V の安定化電源なのですが、何が悪いのでしょうね?
    電気の知識がないので(?_?)←こんな感じです(笑)

    とりま、ハズレと諦めて買い替えも検討していたので、投稿者様に感謝感謝です。



    比較的ノイズが少ないといわれるトランス式のリニア電源からスイッチング電源に変えたわけですが、音質への影響はというと、気のせいレベルですがあるようです。

    ちょっと怖いくらいの静けさが後退した代わりに、太く腰が据わった感じになったなったような気がします。

    太く腰が据わった点は自分の好みに合致するので、この美点を残しながら静けさを回復できないか。

    iFi-Audio に良さそうなアクセサリが.....。

    2016年11月8日火曜日

    はじまりのうた

    いよいよ明日リリース!
    リトグリの1万枚限定7thシングル「はじまりのうた」。

    すでにフラゲした人がたくさんいますが、田舎住みなので尼でオーダーした私はご飯を前にしたニャンコ状態(笑)

    「はじまりのうた」も、もちろん良曲ですが、カップリングの Magic Snow が良いんですよね〜。

    待ち遠しい〜〜(笑)

    それからジャケットの色とシリアルナンバーが何になるかも楽しみ。

    まぁ、からっきし運がないので、ラッキーなシリアルナンバーがゲットできるとは思ってないんですけど、カラーは紫がいいなぁ ♪

    あ、プレデビューアルバムも楽しみ。音源は持ってるけど。

    2016年11月7日月曜日

    lightMPD/upnpgw(アダプターモード)の設定

    apu**  2台を使った lightMPD/upnpgw(アダプターモード)の設定です。
    アップサンプリングや DSD 関連の設定は一切行っていない "素" の状態です。





    ightMPD/upnpgw

    /lightMPD/lightmpd.conf

    #
    #
    [network]
            interface=eth0
            address=192.168.1.20
            gateway=192.168.1.1
            netmask=255.255.255.0
            nameserver=192.168.1.1
            domain=mydomain.jp

    [ntp]
            server=ntp.nict.jp
            ntpd=no
            timezone=Asia/Tokyo

    [network:player]
            interface=eth1
            address=10.0.0.1
            netmask=255.255.255.252

    [cpuaffinity]
            type=0

    [irqpriority]
            setdefault=no

    [telnetd]
    #  yes | no
            enable=yes
            port=23

    [upmpdcli]
            enable=yes
            upnpiface = eth0
            mpdhost=10.0.0.2
            mpdport=6600
            friendlyname=UpLightMpd
            ohproductroom=UpLightMpd
            openhome = 1
            ohmetapersist = 1
            logfilename=/var/log/upmpdcli.log
            loglevel = 3

    [polipo]
            enable=yes
    #
            proxyAddress = 0.0.0.0
            allowedClients = 10.0.0.2
    #
            chunkHighMark = 1024
            chunkLowMark = 256
            chunkCriticalMark = 768
            objectHighMark = 2048
    #
            dnsQueryIPv6 = no
            cacheIsShared = false
            dnsUseGethostbyname = yes
            disableConfiguration = true
            disableIndexing = true
            disableLocalInterface = true

    [nat]
            masquerade=network:player
            dnsforwarding=no
            ntpforwarding=no
            8023=10.0.0.2:23

    -----------------------------------------------------------------------
    /lightMPD/mpd.conf

    初期設定のまま
    ------------------------------------------------------------------------
    /boot/grub/menu.lst

    #
    #
    default 0
    timeout 0
    #
    serial --speed=115200 --word=8 --parity=no --stop=1
    terminal --timeout=0 serial console
    hiddenmenu
    #
    #
    title lightMPD/upnpgw
    root (hd0,0)

    # upnpgw
    kernel /boot/bzImage-4.6.5rt10-64 root=/dev/ram0 ro console=ttyS0,115200n8 ramdisk_size=98304 rootfstype=romfs rootdelay=5 clocksource=hpet lightmpd.systype=apu1 lightmpd.bootdev=/dev/sda1

    #  standalone
    #kernel          /boot/bzImage-4.6.5rt10-64 root=/dev/ram0 ro console=ttyS0,115200n8 ramdisk_size=98304 rootfstype=romfs rootdelay=5 clocksource=tsc idle=poll processor.max_cstate=1 isolcpus=1 nohz_full=1 rcu_nocbs=1 lightmpd.systype=apu1 lightmpd.bootdev=/dev/sda1

    #
    initrd /boot/initrd-lightmpd-64



    lightMPD-v1.0.2

    /lightMPD/lightmpd.conf

    #
    #
    [network]
    interface=eth0
    address=10.0.0.2
    netmask=255.255.255.252
    gateway=10.0.0.1
    nameserver=192.168.1.1
    domain=mydomain.jp

    [ntp]
    server=ntp.nict.jp
    ntpd=no
    timezone=Asia/Tokyo

    [mpd]
    load_module=mpd-0.19.14rt-native-dsd
    sticker_file=/tmp/sticker.sql
    db_file=/tmp/tag_cache
    log_file=/dev/null

    [httpd]
    #  yes | no
    enable=no
    port=80

    [telnetd]
    #  yes | no
    enable=yes
    port=23

    [ympd]
    #  yes | no
    enable=no
    webport=8080
    mpdport=6600

    [webconsole]
    #  yes | no
    #  start page:   http://thishost:${port}/index.html
    enable=no
    port=9000


    [cpuaffinity]
    #  0   normal
    #  1   cpu1:  usb irq handler
    #  2   cpu1:  usb irq handler,mpd
            type=2

    [irqpriority]
    setdefault=no
    xhci_hcd#0=FIFO:99
    # ehci_hcd:usb1=FIFO:99


    [debug]
    interfaces=yes
    resolvconf=yes
    ntpd=yes
    ntpconf=yes
    ifconfig=yes
    cards=yes
    mounts=yes
    ps=yes
    mpdversion=yes
    date=yes
    ntpq=yes
    music=yes
    messages=yes
    save=no

    ------------------------------------------------------------------
    /lightMPD/mpd.conf

    #
    #
    realtime_option {
        memlock               "yes"
        stack_reserve         "2048"
        heap_reserve         "10240"
        main_priority         "OTHER:0"
        player_priority       "FIFO:53"
        decoder_priority     "OTHER:0"
        update_priority       "OTHER:0"
    }

    audio_output {
            type             "alsa"
            name             "uda"
            device           "hw:0,0"
            priority         "FIFO:54"
    mixer_type       "disabled"
    # dsd_usb         "yes"
    # dsd_native              "yes"
    # dsd_native_type         "2"
    buffer_time     "150000"
    period_time     "37500"
    }

    input {
        plugin     "curl"
        proxy      "10.0.0.1:8123"
    }

    ###### decoder selector
    # decoder_selector {
    #    suffix                       "mp3"
    #    plugin                       "mad"
    # }

    # decoder_selector {
    #    suffix                       "m4a"
    #    plugin                       "ffmpeg"
    # }

    # decoder_selector {
    #    suffix                       "wav"
    #    plugin                       "audiofile"
    #    scan_plugin                  "ffmpeg"
    # }

    # decoder_selector {
    #    suffix                       "flac"
    #    plugin                       "flac"
    # }

    database {
       plugin "simple"
       path "/var/lib/mpd/tag_cache"
       compress "no"
    }

    #
    music_directory "/var/lib/mpd/Music"
    playlist_directory "/var/lib/mpd/playlists"
    #sticker_file             "/var/lib/mpd/sticker.sql"
    log_file "/var/lib/mpd/mpd.log"
    pid_file "/var/run/mpd.pid"
    state_file "/var/lib/mpd/state"

    user "root"
    group                   "root"

    bind_to_address "any"
    port "6600"

    #
    #metadata_to_use "artist,album,title,track,name,genre,date,composer,performer,disc"
    metadata_to_use "artist,album,title,track,genre,date,disc"

    #audio_output_format "96000:24:2"
    #
    # extended audio format
    #audio_output_format "X4L4:24:2"

    #LIBSAMPLERATE
    #samplerate_converter            "Best Sinc Interpolator"
    #samplearte_converter            "Medium Sinc Interpolator"
    #samplearte_converter            "Fastest Sinc Interpolator"
    #samplearte_converter            "ZOHc Interpolator"
    #samplearte_converter            "Linear Sinc Interpolator"
    #samplearte_converter            "internal"

    # SOXR
    samplerate_converter            "soxr very high"
    #samplerate_converter            "soxr high"
    #samplerate_converter            "soxr medium"
    #samplerate_converter            "soxr low"
    #samplerate_converter            "soxr quick"
    #
    #samplerate_converter            "soxr very high openmp"
    #samplerate_converter            "soxr high openmp"
    #samplerate_converter            "soxr medium openmp"
    #samplerate_converter            "soxr low openmp"
    #samplerate_converter            "soxr quick openmp"


    follow_outside_symlinks "yes"
    follow_inside_symlinks "yes"
    default_permissions     "read,add,control,admin"
    #
    mixer_type "disabled"
    #
    audio_buffer_size "2048"
    buffer_before_play "20%"
    #
    filesystem_charset "UTF-8"
    id3v1_encoding "UTF-8"

    ----------------------------------------------
    /boot/grub/menu.lst

    初期設定のまま




    一応これで動作しているのですが、「ここが変」という箇所がありましたらご教示いただけるとありがたいです。

    2016年11月6日日曜日

    apu2c4 の BIOS アップデート

    備忘録です w

    用意するハード
    apu2c4
    Windows PC (7がベスト?)
    USB-RS232C変換コンバーター
    RS232Cリバースケーブル
    USBメモリー


    必要なソフトウエアのダウンロード
    Tera Term
    https://ja.osdn.net/projects/ttssh2/
    TinyCore Linux のインストーラー
    http://pcengines.ch/howto.htm#TinyCoreLinux
    apu2c4 の最新版BIOS
    http://pcengines.ch/howto.htm#bios


    ダウンロードした Tera Term を PC にインストール。

    USB メモリーを PC にセットし、ダウンロードした "apu-bootable-usb-installer_v1.6.exe" を実行。

    完了したら、ダウンロードした最新 BIOS を USBメモリーにコピーして PCから取り出す。

    PC --> USB-RS232C変換アダプター --> RS232Cリバースケーブル --> APU2C4 と接続。(APU2C4の電源はまだ入れない)
    *USB-RS232C変換アダプターのドライバーをインストールが必要な場合あり。


    PC のディバイスマネージャーを使って、"USB Serial Port" が使っている COMポートを調べてメモ。

    Tera Term を起動。

    新しい接続から「キャンセル」をクリック。

    「設定メニュー」から「シリアルポート」を選択。

    「ポート」を先ほどメモした COMポート番号に変更、「ボー・レート」を "115200" に変更し、「OK」をクリック。

    Tiny Core Linux をインストールした USBメモリーを apu2c4 に挿し、apu2c4 の電源を入れる。

    Tiny Core Linux の起動メッセージが終了したら、

    flashrom -w apuxxx.rom -p internal
    ( "apuxxx.rom" はダウンロードした BIOS の名称)

    と入力すれば BIOS の更新が開始!されるはずだがされなかった(笑)

    USBメモリーがマウントされていないようなので、

    sudo fdisk -l

    で、USBメモリがどのように認識されているか調べ(今回は/dev/sda1)、マウントする。

    sudo mount /dev/sda1 /media

    "/media" に移動。

    cd /media

    改めて

    flashrom -w apuxxx.rom -p internal

    を実行。

    めでたく BIOS の更新成功(^^)





    2016年11月3日木曜日

    PC オーディオ先端の3潮流

    タイトルは大仰ですが単なるメモです。

    JPLAY
    http://www.jplay.info
    Windows PC を2台使った "デュアルPCモード" が音質的に非常に評価が高いですね。
    とても関心があるのですが、Windows PC が 2 台必要なことと JPLAY も €99.00 と結構なお値段なので、手を出せていません。どのような音なのでしょう?

    lightMPD/upnpgw
    https://sites.google.com/site/digififan/
    PC Engines 社のシングルボードコンピューターである "APU" 向けの Linux ディストリビューションです。lightMPD をインストールした apu Raspberry Pi BeagleBone Black 等と組み合わせることで最高の音質に。愛用中。

    Tiny Core Linux を利用したメモリー再生
    完全にオンメモリーで動作する Tiny Core Linux で MPD システムを構築し、メインメモリーに音楽ファイルを転送して再生するもの。恐らく PC オーディオで音質を追求するなら最終形態と言えるのでは無いでしょうか。「PCオーディオ実験室」さんで活発に議論が行われていました。

    Mac なら Audirvana Plus、Windows であれば JRiver MediaCenter や foobar2000。そしてLinux 系は volumio あたりがメジャーだと思いますが、実はディープな世界が広がっているんですよね。PC オーディオって。

    日本のオーディオブランドを追加しました

    Audio Manufacturers に 3 ブランド追加しました。


    アンプ屋 工房ASAI
    http://tec-asai.com/tec-asai_home/
    パネル・シャシの刻印・彫刻・穴加工、T型定インピーダンスアッテネータ・パッシブプリアンプ・D級メインアンプキット、趣味のオーディオのお手伝い。

    SUN AUDIO(サン・オーディオ)
    http://www2.big.or.jp/~sunaudio/
    タムラ製作所の協力のもと独自のハイ・コストパフォーマンストランスを開発。それを活用した真空管アンプの完成品・キットを販売。

    SUMTECH AUDIO(株式会社サムテック)
    http://www.sum-tech.co.jp/audio/
    エクスポネンシャルホーンタイプのスピーカーと真空管アンプキットを販売。

    2016年11月2日水曜日

    Audio Manufacturers に2ブランド追加

    Audio Manufacturers に2 ブランド追加しました。



    BIG TIME
    http://www13.plala.or.jp/bigtime/
    真空管ラジオの音に魅せられ、真空管アンプの制作を開始。

    吉柴音響
    http://www.yoshiba-audio.com/
    伝え伝わる何かが持っているアンプを製作することが夢。配線は手配線、真空管を除くパーツはすべて日本製。組み立ても日本で行なっている。

    lightMPD/upnpgw + MinimServer で wav ファイル不要!?

    今は lightMPD の魅力にどっぷりと嵌っていますが、PC オーディオを始めた当初は iTunes でデスクトップオーディオを嗜む程度でした。

    なので、音源も一番最初は AAC 、それからすぐに Apple Lossless に移行して現在に至っています。

    ロスレス圧縮では FLAC の方が多数派で、ちょっと優れているのでしょうが、iTunes のライブラリ管理の優秀さになれてしまうと、iTunes が非対応の FLAC は対象外になってしまいます。

    また、非圧縮の WAV と AIFF は iTunes で管理できますが、iTunes 以外のプレーヤーで再生する際のタグ情報に問題があるので対象外でした。

    とは言うものの「非圧縮のファイル形式の方が音が良い」という意見を目にする度に、AIFF もしくは WAV にしておくべきだったか?という思いが一瞬脳裏をよぎるのは悲しいヲタの性(^^;)

    まぁ、自分の耳では聴き分けられないし、、、と合理化?していたのですが、MinimServer のマニュアルを読んでいて "Transcoding" という機能があることを見つけました。

    そして思い当たったのが、この "Transcoding" 機能と "lightMPD/upnpgw" を利用すれば、何も AIFF や WAV で保存しなくても同じ音質が実現できるのでは?ということです。

    MInimSever の Transcoding 機能を使うと ALAC や FLAC を WAV に変換することができます。

    これだけでも WAV を再生していることになるのですが、リアルタイムにデコードしているので、もともと WAV のファイルを再生する場合に比べると音質が劣ってしまう可能性が無いとは言えません。

    ところが大容量のキャッシュを持った lightMPD/upnpgw を使うと、デコードしたデータも、非圧縮のデータも「一度キャッシュにストックされる」ので、レンダラーから見ると「全く同じ」になるように思えます。

    実際に試してみました!、、、、、差がわからないf^_^;)

    先にも書きましたが、自分の耳は可逆圧縮と非圧縮の音質差を聞き分けられないのでした(爆笑)

    しかし、この説、間違っているようには思えないのです。
    耳の良い方が聴くとどうなのでしょう??



    2016年11月1日火曜日

    Audio Manufacturers に3ブランド追加

    Audio Manufacturers に3 つのブランドを追加しました。

    オーディオ工房スギナガ
    http://www.geocities.jp/audioks/newpage1.html
    オリジナルアンプは職人による完全ハンドメイド。顧客との念密な打合せの上、仕様・概観等を決定。

    アンプSHOP ミズナガ
    http://www.mizunaga.jp/ampshop.html
    カスタム(特注)真空管アンプの設計・製作、真空管アンプキットの販売、真空管アンプ修理その他のサービスを提供。

    手作り真空管アンプ工房 Valve's World
    http://tomo.fine.to/
    当工房のアンプビルダー がこれはと思う真空管・トランスなどを使い、 回路設計からシャーシの製作・組立・配線まで、 音楽を聴くための道具としての真空管アンプを 手づくりで 一台ごとに心を込めて製作。

    2016年10月30日日曜日

    Raspbian + MinimServer + BubbleUPnP Server

    完全な備忘録です(^^;)

    Raspbian Jessie Lite をインストールした Raspberry Pi 3 Model B を起動。

    $ssh pi@raspberrypi.local
    password: raspberry

    設定画面を起動して"1 Expand Filesystem" を実行&再起動。
    $ sudo raspi-config


    java をインストール
    $ sudo apt-get update && sudo apt-get install oracle-java8-jdk

    BubbleUPnP Server をダウンロードするディレクトリを作る。

    $ mkdir bubbleupnp

    作ったディレクトリに移動。
    $ cd bubbleupnp

    BubbleUPnP Server をダウンロード。
    $ sudo wget http://www.bubblesoftapps.com/bubbleupnpserver/BubbleUPnPServer-distrib.zip -O bubbleupnpserver.zip

    解凍.。
    $ unzip bubbleupnpserver.zip

    "launch.sh" のアクセス権を変更
    $ sudo chmod +x launch.sh

    BubbleUPnP サーバーを起動。
    $ sudo ./launch.sh > /dev/null 2>&1 &

    ブラウザで動作チェック。
    http://raspberrypi.local:58050/

    起動時にBubbleUPnP Server がスタートするよう設定。nano を使って /etc/init.d/ に "BubbleUPnPServer" というファイルを作成し、以下のテキストをコピペしてセーブ。

    $ sudo nano /etc/init.d/BubbleUPnPServer
    ---------------------------------------------------------------------------------------------

    #!/bin/bash
    ### BEGIN INIT INFO
    # Provides:          BubbleServer
    # Required-Start:    $remote_fs $syslog
    # Required-Stop:     $remote_fs $syslog
    # Default-Start:     2 3 4 5
    # Default-Stop:      0 1 6
    # Short-Description: BubbleUPnP Server Background Service Management
    # Description:       Used to ensure BubbleUPnP starts/stops etc
    ### END INIT INFO

    DAEMON_PATH="/home/pi/bubbleupnp"

    DAEMON="java -Xss256k -Djava.awt.headless=true -Djava.net.preferIPv4Stack=true -Dfile.encoding="UTF-8" -jar BubbleUPnPServerLauncher.jar"
    DAEMONOPTS=""

    NAME=BubbleUPnPServer
    DESC="Runs BubbleUPnPServer"
    PIDFILE=/var/run/$NAME.pid
    SCRIPTNAME=/etc/init.d/$NAME

    case "$1" in
    start)
      printf "%-50s" "Starting $NAME..."
      cd $DAEMON_PATH
      PID=`$DAEMON $DAEMONOPTS > /dev/null 2>&1 & echo $!`
      #echo "Saving PID" $PID " to " $PIDFILE
            if [ -z $PID ]; then
                printf "%sn" "Fail"
            else
                echo $PID > $PIDFILE
                printf "%sn" "Ok"
            fi
    ;;
    status)
            printf "%-50s" "Checking $NAME..."
            if [ -f $PIDFILE ]; then
                PID=`cat $PIDFILE`
                if [ -z "`ps axf | grep ${PID} | grep -v grep`" ]; then
                    printf "%sn" "Process dead but pidfile exists"
                else
                    echo "Running"
                fi
            else
                printf "%sn" "Service not running"
            fi
    ;;
    stop)
            printf "%-50s" "Stopping $NAME"
                PID=`cat $PIDFILE`
                cd $DAEMON_PATH
            if [ -f $PIDFILE ]; then
                kill -HUP $PID
                printf "%sn" "Ok"
                rm -f $PIDFILE
            else
                printf "%sn" "pidfile not found"
            fi
    ;;

    restart)
        $0 stop
        $0 start
    ;;

    *)
            echo "Usage: $0 {status|start|stop|restart}"
            exit 1
    esac

    ---------------------------------------------------------------------------------------------
    コピペしたら、
    DAEMON_PATH="/var/www/bubbleupnp"

    DAEMON_PATH="/home/pi/bubbleupnp"     (解凍したディレクトリを指定)
    に変更。

    ctrl + x ----> y   enter で終了。

    "/etc/init.d/BubbleUPnPServer" のアクセス権を変更。
    $ sudo chmod 755 /etc/init.d/BubbleUPnPServer

    "rc.d" ディレクトリにシンボリックリンクを張る。
    $ sudo update-rc.d BubbleUPnPServer defaults

    再起動。
    $ sudo reboot

    ブラウザで動作を確認。
    http://raspberrypi.local:58050/

    成功!

    再度ログイン。
    $ssh pi@raspberrypi.local
    password: raspberry

    起動時に NAS をマウントする設定。
    NAS のユーザー&パスワードを "/etc/fstab.cred" というファイルを作って保存。
    $ sudo nano /etc/fstab.cred
    ---------------------------------------------------------------------------------------------
    username=USER
    password=PASSWORD
    ---------------------------------------------------------------------------------------------
    ctrl + X  ----> y -----> enter で終了

    "fstab.cred のアクセス権を設定。
    $ sudo chmod 600 /etc/fstab.cred

    "/etc/fstab" に以下の1行を追加。
    $ sudo nano /etc/fstab
    ---------------------------------------------------------------------------------------------
    //192.168.xx.xx/Multimedia/Music /mnt/storage cifs credentials=/etc/fstab.cred,iocharset=utf8,file_mode=0777,dir_mode=0777 0 0
    ---------------------------------------------------------------------------------------------
    *Description
    //NASのアドレス/マウントするディレクトリ /mnt/NASの名前 cifs credentials=/etc/fstab.cred,iocharset=utf8,file_mode=0777,dir_mode=0777 0 0
    ---------------------------------------------------------------------------------------------
    ctrl + X  ----> y -----> enter で終了

    一度再起動(必要かどうか忘れたので念のため記載)
    $ sudo reboot

    RasPi の 電源を切って、MinimServer の "tar ball" をコピーした USBメモリーを RasPi に差して再度電源ON。

    SSH でログイン。
    $ssh pi@raspberrypi.local
    password: raspberry

    USB メモリーがどのディバイスとして認識されているか調べる。
    $ sudo fdisk -l
    -----------------
    Device     Boot Start      End  Sectors  Size Id Type
    /dev/sda1       35136 62324735 62289600 29.7G  c W95 FAT32 (LBA)
    ---------------------

    USBメモリーをマウント。
    $ sudo mount /dev/sda1 /media

    マウント・ポイントへ移動。
    $ cd /media

    tar ball を移動。
    $ sudo mv MinimServer-0.8.4-linux-armhf.tar /home/pi/minimserver

    USBメモリーをアンマウント。
    $ sudo umount /dev/sda1

    tar ball を移動したディレクトリに移る。
    $ cd /home/pi/minimserver

    tar ball を解凍。
    $ tar -xf MinimServer-0.8.4-linux-armhf.tar

    MinimServerのセットアップ。
    $ minimserver/bin/setup

    MinimServerをスタート。
    $ minimserver/bin/startc

    >Enter content directory, or null to continue:
    #/mnt/strage

    ・・・成功!
    がしかし、ミスって "content directry" が入力できなかった模様。
    Minim Watch でなぜか設定変更できず。
    http://raspberry piのIP:9790
    で、MinimServer Status のページを表示して、content directry を設定することができた。

    (追記)
    ついでに USBメモリを自動認識させるためのパッケージをインストール。
    $ sudo apt-get update
    $ sudo apt-get install usbmount

    (追記)
    トランスコード機能を試すためにコーデックライブラリの "avconv" をインストール。
    $ sudo apt-get update
    $ sudo apt-get install libav-tools

    確認。
    $ ls -l /usr/bin/avconv
    -rwxr-xr-x 1 root root 133632 Oct  8 03:06 /usr/bin/avconv

    成功。

    MinimWatch で Transcoding を設定。
    alac:wav,aac:wav,mp3:wav
    alac:wav24;88,aac:wav24;88,mp3:wav24;88



    (追記)
    iPad でシャットダウンするため固定IPアドレスを設定。以下を末尾に追加。
    $ sudo nano /etc/dhcpcd.conf
    ---------------------------------------
    interface eth0
    static ip_address=192.168.x.x/24
    static routers=192.168.x.x
    static domain_name_servers=192.168.x.x
    ---------------------------------------------------





    参考にさせていただいたサイト様
    色々参考になること
    http://inaz2.hatenablog.com/entry/2016/04/17/160226
    content directry を追加する方法
    http://forum.minimserver.com/showthread.php?tid=1338
    USB の自動マウント
    http://mmbrothers.exblog.jp/17039816
    MinimStreamer のユーザーガイド
    http://minimstreamer.com/userguide.html
    avconv のインストール
    http://www.recantha.co.uk/blog/?p=4106
    MinimStreamerの設定
    http://minimstreamer.com/userguide.html

    固定IPアドレスの設定
    http://qiita.com/MarieKawasuji/items/b088ffb252a92eee8f5d

    ニーズがなさそうな内容なので、キチンと整理していません(^^;)
    アクセスがそれなりにあるようなら、後日整理します。

    volumio2 に MinimServer をインストール

    備忘録

    途中表示される質問には基本 "yes" or "y"

    "wget" するアドレスが分からない(笑)ので、Mac で "MinimServer" と "jdk" をダウンロード。
    MinimServer-0.8.4-linux-armhf.tar
    jdk-8u111-fcs-bin-b14-linux-arm32-vfp-hflt-22_sep_2016.tar

    Mac から Samba で接続して、ダウンロードした tar ball を "/mnt/INTERNAL" にコピー。

    ssh で volumio にログイン。
    $ ssh volumio@volumio.local
    password: volumio

    プログラク格納用のディレクトリを作成。
    $ mkdir java
    $ mkdir minim

    Mac から tar ball をコピーしたディレクトリに移動。
    $ cd /mnt/INTERNAL

    tar ball を先ほど作成したディレクトリに移す。
    $ mv jdk-8u111-fcs-bin-b14-linux-arm32-vfp-hflt-22_sep_2016.tar /home/volumio/java/

    $ mv MinimServer-0.8.4-linux-armhf.tar /home/volumio/minim/

    $ cd /home/volumio/java/

    解凍
    $ tar -xvf jdk-8u111-fcs-bin-b14-linux-arm32-vfp-hflt-22_sep_2016.tar

    $ ./jdk1.8.0_111/jre/bin/java -version
    -----------------------------------------------------------
    java version "1.8.0_111"
    Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_111-b14)
    Java HotSpot(TM) Client VM (build 25.111-b14, mixed mode)
    -----------------------------------------------------------

    シンボリックリンクを作成
    $ sudo ln -s /home/volumio/java/jdk1.8.0_111/jre/bin/java /usr/local/bin

    パスを通す(必要なかった)
    末尾に追加
    $ sudo nano /etc/profile
    -----------------------------------------------------------
    export PATH=$PATH:/opt/java/jdk1.8.0_111/jre/bin
    -----------------------------------------------------------

    $ cd /home/volumio/minim

    $ tar -xf MinimServer-0.8.4-linux-armhf.tar

    MinimServerのセットアップ。
    $ minimserver/bin/setup

    MinimServerをスタート。
    $ minimserver/bin/startc

    音楽が保存されているディレクトリを聞かれるので....
    >Enter content directory, or null to continue:
    >#/media


    参考にしたサイト様
    http://www.oracle.com/technetwork/articles/java/raspberrypi-1704896.html
    http://www.oracle.com/technetwork/jp/articles/java/ja-topics/raspberrypi-1704896-ja.html#Java
    http://minimserver.com/install-raspbian.html#Installing%20Java%20on%20the%20Raspberry%20Pi
    http://qiita.com/okayama_fumi/items/8c3518d2006ea714fed5
    http://d.hatena.ne.jp/Akineko/20090825/1251187210

    2016年10月28日金曜日

    Raspberry Pi 3 Model B に MiniDLNA & BubbleUPnP Server をインストール

    ホントの備忘録

    Raspberry Pi 3 Model B(Raspbian Jessie Lite) に  "MiniDLNA" と "BubbleUPnP Server" をインストール。

    ログイン。
    $ ssh pi@192.168.xx.xx

     @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
    @    WARNING: REMOTE HOST IDENTIFICATION HAS CHANGED!     @
    @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

    こんな警告が出て接続できない。
    いくつかある対処法方のうち、以下のコマンドで対応。
    $ ssh-keygen -R 192.168.xx.xx

    これでうまくいかない時は、
    $ vi ~/.ssh/known_hosts

    で該当するホストの行を削除。

    ログイン。
    $ ssh pi@192.168.xx.xx
    Password: raspberry

    念のためrootファイルシステムを拡張。
    $ sudo raspi-config

    メニュー "1" を実行して再起動。

    サーバーからパッケージ・リストを入手。
    ホスト名 " raspberrypi.local" でアクセスするため "avahi" をインストール。
    UPnP/DLNAサーバーである "MiniDLNA" をインストール。
    $ sudo  apt-get update
    $ sudo apt-get install avahi-daemon(既にインストール済みだった ^^;)
    $ sudo apt-get install minidlna

    念のためリブート。
    $ sudo reboot

    ssh でログイン。
     $ ssh pi@raspberrypi.local
     password: raspberry

     javaのインストール
    $ sudo apt-get update && sudo apt-get install oracle-java8-jdk

    zipファイルをダウンロードするディレクトリを作成。
    $ cd /opt
    $ sudo mkdir bubbleupnp
    $ cd bubbleupnp

    BubbleUPnP Server をダウンロード。
    $ sudo wget http://www.bubblesoftapps.com/bubbleupnpserver/BubbleUPnPServer-distrib.zip -O bubbleupnpserver.zip

    解凍。
    $ sudo unzip bubbleupnpserver.zip

    "launch.sh" のアクセス権を変更。
    $ sudo chmod +x launch.sh

    BubbleUPnP サーバーを起動。
    $ sudo ./launch.sh > /dev/null 2>&1 &

    ( 色々メッセージを吐く起動方法は、
    sudo ./launch.sh )

    ブラウザで動作チェック。
    http://raspberrypi.local:58050/

    起動時にBubbleUPnP Server がスタートするよう設定。nano を使って /etc/init.d/ に "BubbleUPnPServer" というファイルを作成し、以下のテキストをコピペしてセーブ。
    $ sudo nano /etc/init.d/BubbleUPnPServer
    ---------------------------------------------------------------------------------------------

    #!/bin/bash
    ### BEGIN INIT INFO
    # Provides:          BubbleServer
    # Required-Start:    $remote_fs $syslog
    # Required-Stop:     $remote_fs $syslog
    # Default-Start:     2 3 4 5
    # Default-Stop:      0 1 6
    # Short-Description: BubbleUPnP Server Background Service Management
    # Description:       Used to ensure BubbleUPnP starts/stops etc
    ### END INIT INFO

    DAEMON_PATH="/var/www/bubbleupnp"

    DAEMON="java -Xss256k -Djava.awt.headless=true -Djava.net.preferIPv4Stack=true -jar BubbleUPnPServer.jar"
    DAEMONOPTS=""

    NAME=BubbleUPnPServer
    DESC="Runs BubbleUPnPServer"
    PIDFILE=/var/run/$NAME.pid
    SCRIPTNAME=/etc/init.d/$NAME

    case "$1" in
    start)
      printf "%-50s" "Starting $NAME..."
      cd $DAEMON_PATH
      PID=`$DAEMON $DAEMONOPTS > /dev/null 2>&1 & echo $!`
      #echo "Saving PID" $PID " to " $PIDFILE
            if [ -z $PID ]; then
                printf "%sn" "Fail"
            else
                echo $PID > $PIDFILE
                printf "%sn" "Ok"
            fi
    ;;
    status)
            printf "%-50s" "Checking $NAME..."
            if [ -f $PIDFILE ]; then
                PID=`cat $PIDFILE`
                if [ -z "`ps axf | grep ${PID} | grep -v grep`" ]; then
                    printf "%sn" "Process dead but pidfile exists"
                else
                    echo "Running"
                fi
            else
                printf "%sn" "Service not running"
            fi
    ;;
    stop)
            printf "%-50s" "Stopping $NAME"
                PID=`cat $PIDFILE`
                cd $DAEMON_PATH
            if [ -f $PIDFILE ]; then
                kill -HUP $PID
                printf "%sn" "Ok"
                rm -f $PIDFILE
            else
                printf "%sn" "pidfile not found"
            fi
    ;;

    restart)
        $0 stop
        $0 start
    ;;

    *)
            echo "Usage: $0 {status|start|stop|restart}"
            exit 1
    esac

    ---------------------------------------------------------------------------------------------
    コピペしたら、
    ( DAEMON_PATH="/var/www/bubbleupnp" )を BubbleUPnP Server を解凍したディレクトリに変更。

    セーブして nano を終了。

    "/etc/init.d/BubbleUPnPServer" のアクセス権を変更。
    $ sudo chmod 755 /etc/init.d/BubbleUPnPServer

    自動起動の設定。
    $ sudo update-rc.d BubbleUPnPServer defaults

    リブート。
    $ sudo reboot
    (または
     $ sudo shutdown -r now )

    ブラウザで BubbleUPnP Server の起動を確認。
    http://raspberrypi.local:58050

    起動しない(笑)"launch.sh" から類推して "/etc/init.d/BubbleUPnPServer" を以下のように修正したら起動(爆)

    (誤)
    DAEMON="java -Xss256k -Djava.awt.headless=true -Djava.net.preferIPv4Stack=true -jar BubbleUPnPServer.jar"

    (正)
    DAEMON="java -Xss256k -Djava.awt.headless=true -Djava.net.preferIPv4Stack=true -Dfile.encoding="UTF-8" -jar BubbleUPnPServerLauncher.jar"

    一応、BubbleUPnP Server とおまけで MiniDLNA のインストール成功。

    Raspberry Pi をシャットダウン
    $ sudo shutdown -h now

    ---------------------------------------------------------------------------------------------
    続き

    起動時にNASをマウントする設定を行う。
    NAS のユーザー&パスワードを "/etc/fstab.cred" というファイルを作って保存。
    $ sudo nano /etc/fstab.cred
    ---------------------------------------------------------------------------------------------
    username=USER
    password=PASSWORD
    ---------------------------------------------------------------------------------------------

    "fstab.cred のアクセス権を設定。
    $ sudo chmod 600 /etc/fstab.cred

    "/etc/fstab" に以下の1行を追加。
    $ sudo nano /etc/fstab
    ---------------------------------------------------------------------------------------------
    //192.168.xx.xx/Multimedia/Music /mnt/storage cifs credentials=/etc/fstab.cred,iocharset=utf8,file_mode=0777,dir_mode=0777 0 0
    ---------------------------------------------------------------------------------------------

    minidlna の設定。
    $ sudo nano /etc/minidlna.conf
    ---------------------------------------------------------------------------------------------
    #   * "A" for audio    (eg. media_dir=A,/var/lib/minidlna/music)
    #   * "P" for pictures (eg. media_dir=P,/var/lib/minidlna/pictures)
    #   * "V" for video    (eg. media_dir=V,/var/lib/minidlna/videos)
    media_dir=/var/lib/minidlna
    media_dir=A,/mnt/storage           コメントアウト

    # Automatic discovery of new files in the media_dir directory.
    inotify=yes

    # Notify interval, in seconds.
    notify_interval=895                    コメントアウト
    ---------------------------------------------------------------------------------------------

    再起動してブラウザでDBができているか確認。
    http://raspberrypi.local:8200/

    失敗。コントロールポイントにサーバーが表示はされるが、アルバムや曲は表示されず。しかもサーバがハングアップ。

    解決策を発見。
    $ sudo nano /etc/minidlna.conf
    ----------------------------------------------------------------------------------------------
    # set this if you would like to specify the directory where you want MiniDLN    A to store its database and album art cache
    db_dir=/var/cache/minidlna            コメントアウト  
    ---------------------------------------------------------------------------------------------

    再起動して、、、成功!

    ・・・・・と、思ったら、iOS の foobar2000 では正常なのに Kazoo でアクセスしたらハングアップ。

    どして?


    参考

     apt-getでインストールしたパッケージをアンインストールする方法
     $ sudo apt-get --purge remove パッケージ名

    アクセス権を調べる
    $ ls -l

    参考にさせていただいたサイト様
    ログインできない問題
    http://qiita.com/grgrjnjn/items/8ca33b64ea0406e12938
    java をインストール
    https://www.raspberrypi.org/forums/viewtopic.php?f=81&t=101543
    起動時に "BubbleUPnP Server" を自動起動
    https://www.raspberrypi.org/forums/viewtopic.php?f=38&t=73464
    NASの自動マウント
    https://skalldan.wordpress.com/2013/01/09/mac・windows・linux-で起動時に-nas-を自動マウントする方法/
    MiniDLNA が正常作動しない問題の解決策
    http://ameblo.jp/arimasou16/entry-11758551996.html

    2016年10月25日火曜日

    リトグリ、AbemaTV で生配信!

    なんと1時間半の生配信(^-^)/
    これは見逃すと3ヶ月くらいは後悔することになりそうです(笑)

    「日本のオーディオメーカー一覧」に追加しました。

    以下のブランドを追加しました。

    Bell Wood Lansing(有限会社ベルウッドランシング)
    http://www.bellwoodlansing.co.jp/
    手作りでしか成し得ない、髪の毛ほどの太さの純銅線を手で撚ったリード線を使用し、音声信号への悪影響を回避。アーティストの気迫が伝わるようなサウンドを提供。

    TRIODE(株式会社トライオード)
    http://www.triode.co.jp/index.html
    「低価格で魅力ある商品」をコンセプトに多くの製品をオーディオマーケットに投入。ローコストながら内外の高級パーツを使用し、音楽の魅力が伝わるトライオードサウンドを創出している。

    音の工房
    http://otonokobo.jp/
    なぜかホッとするこの安らぎ感、そしてびっくりするほど澄んだ音。国産の部品にこだわり、「made in JAPAN」の真空管アンプを真心込めて制作。

    2016年10月22日土曜日

    volumio 2 に MiniDLNA をインストール・・・できず(笑)

    volumio 2 に MiniDLNA がインストールできるようなことがこちらに書かれていたので、トライしてみたのですが、ダメでした(笑)

    行ったことを備忘録的に書くと....

    $ ssh volumio@volumio.local
    password: volumio

    $ su -
    password: volumio

    # apt-get update
    # apt-get install minidlna

    # nano /etc/minidlna.conf
    # followed by a comma, as so:
    #   * "A" for audio    (eg. media_dir=A,/var/lib/minidlna/music)
    #   * "P" for pictures (eg. media_dir=P,/var/lib/minidlna/pictures)
    #   * "V" for video    (eg. media_dir=V,/var/lib/minidlna/videos)
    media_dir=/var/lib/minidlna
    media_dir=A,/media
    再起動
    # service minidlna restart

    動作をチェック
    # ps -A | grep minidlna

    これで、"http://192.168.xxx.xxx:8200" を表示させると、DBが正常に出来ていることが確認できましたが、コントロールポイントが MiniDLNA を認識しません。

    ネットでさらに調べて、minidlna.conf にRaspi のアドレスを追加。
    listening_ip=192.168.xxx.xxx

    ・・・・変化なし。

    これ以上は知識がないのでお手上げの状態です。
    どこが悪いのでしょうか?それともインストールできないのかな?

    (追記)
    "/etc/minidlna.conf" を1箇所修正することで正常動作しました!

    -------------------------------------------------
    # set this if you would like to specify the directory where you want MiniDLN    A to store its database and album art cache
    db_dir=/var/cache/minidlna           コメントアウト
    ----------------------------------------------------

    (さらに追記)
    iOS版の foobar2000 では正常に動作したのに、LUMIN でアクセスしたらハングアップ。なんで?

    2016年10月20日木曜日

    lightMPD のボリュームを有効にする方法

    mpd.conf のmixer_type を disable から software に変更することでボリュームの調整が可能になる。(2箇所あるので両方とも変更)

    ただし、音量を絞ると音質が著しく悪くなる。








    2016年10月18日火曜日

    「日本のオーディオメーカー」を追加しました

    「小規模・ガレージメーカー」改め「日本のオーディオメーカー」に追加しました。

    逸品館
    http://www.ippinkan.co.jp/airbow/top.html
    市販の製品に独自のノウハウに基づくチューニングを加え "AIRBOW" ブランドで販売。

    逢瀬
    http://ause-audio.com
    日本の滝をイメージしたシリーズ名 "WATERFALL" で分離の良さに高音質の基準を置いた製品群を展開。自然の息吹、パフォーマーの息遣い、音楽の色濃い感動…数多にある喜びとの「逢瀬」を、今ここに。

    ザ・キット屋(株式会社サンバレー)
    http://www.kit-ya.jp
    オリジナルの真空管アンプキットを中心に販売。

    Accuphase(アキュフェーズ株式会社)
    https://www.accuphase.co.jp
    日本を代表するピュアオーディオの専業メーカー。高価格帯の家庭用及び業務用のオーディオ機器を製造販売。アフターサービスが充実しており、長期間の修理に対応。

    DENON(株式会社ディーアンドエムホールディングス)
    http://www.denon.jp/jp
    株式会社ディーアンドエムホールディングスの音響機器のブランドのひとつ。日本初のレコード・蓄音器製造会社、および日本初の業務用録音機器製造会社を起源とするオーディオブランド。

    marantz(株式会社ディーアンドエムホールディングス)
    http://www.marantz.jp/jp/Pages/Home.aspx
    株式会社ディーアンドエムホールディングスの音響機器のブランドのひとつ。1953年にインダストリアルデザイナーで電気技術者のソウル・バーナード・マランツがアメリカで設立した「マランツ・カンパニー」からブランドを継承。

    ONKYO(オンキョー株式会社)
    http://www.jp.onkyo.com/audiovisual/
    1946年に設立された大阪電気音響社が源流。

    ESOTERIC(エソテリック株式会社)
    http://www.esoteric.jp/index.html
    ティアック株式会社のハイエンドオーディオのブランドとして始まる。現在はティアック株式会社100%出資の企業として独立。日本を代表するハイエンドオーディオメーカーのひとつ。

    Fostex(フォスター電機株式会社)
    http://www.fostex.jp
    フォスター電機(株)のブランド名。高性能なスピーカーユニットにより自作派から強い支持を受ける。近年は完成品のスピーカーシステムやイヤホン・ヘッドフォン等も同ブランドで販売。

    TAD(Technical Audio Devices)
    http://tad-labs.com/jp/
    かってはパイオニアのプロフェッショナル向けオーディオ製品のブランド名であった。 2007年10月1日に株式会社テクニカルオーディオデバイセズラボラトリーズ設立。家庭用及び業務用超高級システムを製造販売。

    Technics(パナソニック株式会社)
    http://jp.technics.com
    パナソニック株式会社の音響機器向けブランド。2010年をもって一旦終息したが、2014年9月に再展開が発表され、日本では2015年2月より新製品が順次発売されている。

    YAMAHA(ヤマハ株式会社)
    http://jp.yamaha.com
    世界最大の楽器メーカーでピュアオーディオでも長い歴史を持つ。一時期ピュアオーディオ分野からはほぼ撤退状態であったが近年復活。

    TAOC(アイシン高丘株式会社)
    http://www.taoc.gr.jp
    アイシン高丘株式会社のハイグレードオーディオのためのブランド。鋳鉄製品のトップメーカーとして長年培ってきた技術を活かし、スピーカーシステムやアクセサリーを開発。

    HANIWA(クボテック株式会社)
    http://kubotek.com/haniwa/
    フリクエンシー・ドメインとタイムドメインの2つの特性を両立させた独自のF&T理論に基づくスピーカーシステム等を開発。

    DIATONE(三菱電気エンジニアリング)
    http://diatone.mee.co.jp/index.html
    オーディオ・ビジュアル機器に用いられる三菱電気の登録商標。日本を代表するスピーカーブランド。同ブランドは1999年に一市場から姿を消したが、2005年に三菱電気エンジニアリング株式会社がハイエンド製品で同ブランドを復活。

    LUXMAN(ラックスマン株式会社)
    http://www.luxman.co.jp
    1925年大阪にあった錦水堂額縁店のラジオ部として創業。ラックストーンとして知られ、強いブランド力を持つ。

    TEAC(ティアック株式会社)
    https://teac.jp/jp/
    1953年、東京テレビ音響株式会社として東京都武蔵野市に設立。テープデッキ、殊に往年のオープンリール式テープレコーダーが高い人気を誇った。TEACブランドの他、民生用高級音響ブランドのESOTERIC、業務用音響ブランドとしてTASCAMを有する。

    2016年10月17日月曜日

    iPhone/iPad をダウングレードする方法

    iPad mini2 を iOS10 にしてしまい、遅いとか、かな漢字変換がおかしいとかいろいろ不具合があったので、iOS9 にダウングレードしました。その手順の個人用備忘録です。


    必要な準備
    1. 最新バージョンのiTunesをインストールしている PC or Mac
    2. インターネット接続環境
    3. Apple 認証 Lightning - USB ケーブル
    4. 十分な作業時間

    ダウングレードの手順
    1. iTunes または iCloud で iPhone/iPad をバックアップ
    2. iPhone/iPad の "設定" --> "iCloud" --> "iPhone/iPadを探す" をオフにする
    3. こちらから所有機種用の "Signed IPSWs" と表記されているファームウェアをダウンロード
    4. Lightning - USB ケーブルで iPhone/iPad を PC or Mac に接続して、iTunes を起動
    5. iPhone/iPad の電源ボタンとホームボタンを同時に10秒押す
    6. iPhone/iPad の画面上に Apple ロゴが表示されたら、電源ボタンを離す
    7. (iTunesはリカバリーモードのiPhone/iPadを見つけました。iTunesでご利用になる前にこのiPhone/iPadを復元する必要があります)といった趣旨のダイアログが出たらホームボタンを離し、"OK" をクリック
    8. iTunes で、デバイスの "概要" に入り、"iPhone/iPad を復元" ボタンを Windowsの場合は "Shift" キーを押しながらクリック(Macなら "Alt/Option" キーを押しながらクリック)
    9. ダウングレードしたファームウエアを選択して、"開く" ボタンをクリック
    10. 確認ダイアログが表示されたら、"復元" をクリック
    ※なお、"Unsigned IPSWs" と表記されているファームウエアはダウンロードできても、使えないようです。

    私の場合はこれでダウングレードできましたが、危険を伴う作業なのでこのページは参考にしないでくださいね(^^;)
    "iOS + ダウングレード" で検索すれば有益なサイトが見つかるはずです。

    2016年10月15日土曜日

    リトグリメンバーのはじまりに迫る!~manaka編~


    YouTubeで初めて聴いた「福本まなか」さんの歌声は衝撃でした。

    神に祝福された「声」があるとするなら、それは manaka さんの声ですね。

    そして信念の人。

    夢が叶うのを見届けたいです。




    2016年10月14日金曜日

    「小規模・ガレージメーカー」を追加しました

    こちらのページに追加しました。




    CAS AUDIO
    http://cas-audio.com
    難易度の高い陶器でのエンクロージャー作成を長年培った陶芸技術でクリア。世界最高の強度を持つ、陶器製エンクロージャーが完成。小さなハイエンドスピーカー。

    Hasehiro Audio
    http://www.hasehiro.co.jp/
    バックロードホーンのキット・完成品を製造販売。

    Teragaki-Labo
    http://www.teragaki-labo.co.jp/index.html
    アナログプレーヤー「Σシリーズ」を開発した寺垣武氏が20年以上の開発期間を経て開発した従来の方式と異なる「寺垣スピーカー」を製造。

    株式会社ローヤル産業(DEER)
    http://www.royalsangyo.co.jp/
    一貫した社内制作にこだわり、高度な知識と最先端の技術で励磁型スピーカーを製造。

    スピーカーデザイン工房 iizima
    http://www.iizima-sp.com
    斬新なデザインと上質な音の再現の為、販売するスピーカーは全てハンドメイド。材質から内部のスピーカー機器までこだわった造りは「生音に近いよりよいサウンドを楽しんで頂くため」。

    吉本キャビネット株式会社
    http://bearhorn.jp
    手頃な価格で良質なサウンドを楽しめるスピーカーエンクロージャー「BearHone」を製造販売。完成品のほか組立キットも販売。

    KIso Acoustic(キソアコースティック株式会社)
    http://www.kisoacoustic.co.jp
    高峰楽器とのコラボによるアコースティック楽器の構造を活かしたスピーカーを制作。薄く軽い木製キャビネットが溌剌とした音楽再生を実現。

    KRIPTON
    http://www.kripton.jp
    株式会社クリプトンのオーディオ部門。日本ビクターで「SX-3」を開発した渡邊勝氏が株式会社クリプトンに移籍しスピーカー製造が始まる。一貫して密閉型スピーカーを開発。