2016年10月30日日曜日

Raspbian + MinimServer + BubbleUPnP Server

完全な備忘録です(^^;)

Raspbian Jessie Lite をインストールした Raspberry Pi 3 Model B を起動。

$ssh pi@raspberrypi.local
password: raspberry

設定画面を起動して"1 Expand Filesystem" を実行&再起動。
$ sudo raspi-config


java をインストール
$ sudo apt-get update && sudo apt-get install oracle-java8-jdk

BubbleUPnP Server をダウンロードするディレクトリを作る。

$ mkdir bubbleupnp

作ったディレクトリに移動。
$ cd bubbleupnp

BubbleUPnP Server をダウンロード。
$ sudo wget http://www.bubblesoftapps.com/bubbleupnpserver/BubbleUPnPServer-distrib.zip -O bubbleupnpserver.zip

解凍.。
$ unzip bubbleupnpserver.zip

"launch.sh" のアクセス権を変更
$ sudo chmod +x launch.sh

BubbleUPnP サーバーを起動。
$ sudo ./launch.sh > /dev/null 2>&1 &

ブラウザで動作チェック。
http://raspberrypi.local:58050/

起動時にBubbleUPnP Server がスタートするよう設定。nano を使って /etc/init.d/ に "BubbleUPnPServer" というファイルを作成し、以下のテキストをコピペしてセーブ。

$ sudo nano /etc/init.d/BubbleUPnPServer
---------------------------------------------------------------------------------------------

#!/bin/bash
### BEGIN INIT INFO
# Provides:          BubbleServer
# Required-Start:    $remote_fs $syslog
# Required-Stop:     $remote_fs $syslog
# Default-Start:     2 3 4 5
# Default-Stop:      0 1 6
# Short-Description: BubbleUPnP Server Background Service Management
# Description:       Used to ensure BubbleUPnP starts/stops etc
### END INIT INFO

DAEMON_PATH="/home/pi/bubbleupnp"

DAEMON="java -Xss256k -Djava.awt.headless=true -Djava.net.preferIPv4Stack=true -Dfile.encoding="UTF-8" -jar BubbleUPnPServerLauncher.jar"
DAEMONOPTS=""

NAME=BubbleUPnPServer
DESC="Runs BubbleUPnPServer"
PIDFILE=/var/run/$NAME.pid
SCRIPTNAME=/etc/init.d/$NAME

case "$1" in
start)
  printf "%-50s" "Starting $NAME..."
  cd $DAEMON_PATH
  PID=`$DAEMON $DAEMONOPTS > /dev/null 2>&1 & echo $!`
  #echo "Saving PID" $PID " to " $PIDFILE
        if [ -z $PID ]; then
            printf "%sn" "Fail"
        else
            echo $PID > $PIDFILE
            printf "%sn" "Ok"
        fi
;;
status)
        printf "%-50s" "Checking $NAME..."
        if [ -f $PIDFILE ]; then
            PID=`cat $PIDFILE`
            if [ -z "`ps axf | grep ${PID} | grep -v grep`" ]; then
                printf "%sn" "Process dead but pidfile exists"
            else
                echo "Running"
            fi
        else
            printf "%sn" "Service not running"
        fi
;;
stop)
        printf "%-50s" "Stopping $NAME"
            PID=`cat $PIDFILE`
            cd $DAEMON_PATH
        if [ -f $PIDFILE ]; then
            kill -HUP $PID
            printf "%sn" "Ok"
            rm -f $PIDFILE
        else
            printf "%sn" "pidfile not found"
        fi
;;

restart)
    $0 stop
    $0 start
;;

*)
        echo "Usage: $0 {status|start|stop|restart}"
        exit 1
esac

---------------------------------------------------------------------------------------------
コピペしたら、
DAEMON_PATH="/var/www/bubbleupnp"

DAEMON_PATH="/home/pi/bubbleupnp"     (解凍したディレクトリを指定)
に変更。

ctrl + x ----> y   enter で終了。

"/etc/init.d/BubbleUPnPServer" のアクセス権を変更。
$ sudo chmod 755 /etc/init.d/BubbleUPnPServer

"rc.d" ディレクトリにシンボリックリンクを張る。
$ sudo update-rc.d BubbleUPnPServer defaults

再起動。
$ sudo reboot

ブラウザで動作を確認。
http://raspberrypi.local:58050/

成功!

再度ログイン。
$ssh pi@raspberrypi.local
password: raspberry

起動時に NAS をマウントする設定。
NAS のユーザー&パスワードを "/etc/fstab.cred" というファイルを作って保存。
$ sudo nano /etc/fstab.cred
---------------------------------------------------------------------------------------------
username=USER
password=PASSWORD
---------------------------------------------------------------------------------------------
ctrl + X  ----> y -----> enter で終了

"fstab.cred のアクセス権を設定。
$ sudo chmod 600 /etc/fstab.cred

"/etc/fstab" に以下の1行を追加。
$ sudo nano /etc/fstab
---------------------------------------------------------------------------------------------
//192.168.xx.xx/Multimedia/Music /mnt/storage cifs credentials=/etc/fstab.cred,iocharset=utf8,file_mode=0777,dir_mode=0777 0 0
---------------------------------------------------------------------------------------------
*Description
//NASのアドレス/マウントするディレクトリ /mnt/NASの名前 cifs credentials=/etc/fstab.cred,iocharset=utf8,file_mode=0777,dir_mode=0777 0 0
---------------------------------------------------------------------------------------------
ctrl + X  ----> y -----> enter で終了

一度再起動(必要かどうか忘れたので念のため記載)
$ sudo reboot

RasPi の 電源を切って、MinimServer の "tar ball" をコピーした USBメモリーを RasPi に差して再度電源ON。

SSH でログイン。
$ssh pi@raspberrypi.local
password: raspberry

USB メモリーがどのディバイスとして認識されているか調べる。
$ sudo fdisk -l
-----------------
Device     Boot Start      End  Sectors  Size Id Type
/dev/sda1       35136 62324735 62289600 29.7G  c W95 FAT32 (LBA)
---------------------

USBメモリーをマウント。
$ sudo mount /dev/sda1 /media

マウント・ポイントへ移動。
$ cd /media

tar ball を移動。
$ sudo mv MinimServer-0.8.4-linux-armhf.tar /home/pi/minimserver

USBメモリーをアンマウント。
$ sudo umount /dev/sda1

tar ball を移動したディレクトリに移る。
$ cd /home/pi/minimserver

tar ball を解凍。
$ tar -xf MinimServer-0.8.4-linux-armhf.tar

MinimServerのセットアップ。
$ minimserver/bin/setup

MinimServerをスタート。
$ minimserver/bin/startc

>Enter content directory, or null to continue:
#/mnt/strage

・・・成功!
がしかし、ミスって "content directry" が入力できなかった模様。
Minim Watch でなぜか設定変更できず。
http://raspberry piのIP:9790
で、MinimServer Status のページを表示して、content directry を設定することができた。

(追記)
ついでに USBメモリを自動認識させるためのパッケージをインストール。
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install usbmount

(追記)
トランスコード機能を試すためにコーデックライブラリの "avconv" をインストール。
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install libav-tools

確認。
$ ls -l /usr/bin/avconv
-rwxr-xr-x 1 root root 133632 Oct  8 03:06 /usr/bin/avconv

成功。

MinimWatch で Transcoding を設定。
alac:wav,aac:wav,mp3:wav
alac:wav24;88,aac:wav24;88,mp3:wav24;88



(追記)
iPad でシャットダウンするため固定IPアドレスを設定。以下を末尾に追加。
$ sudo nano /etc/dhcpcd.conf
---------------------------------------
interface eth0
static ip_address=192.168.x.x/24
static routers=192.168.x.x
static domain_name_servers=192.168.x.x
---------------------------------------------------





参考にさせていただいたサイト様
色々参考になること
http://inaz2.hatenablog.com/entry/2016/04/17/160226
content directry を追加する方法
http://forum.minimserver.com/showthread.php?tid=1338
USB の自動マウント
http://mmbrothers.exblog.jp/17039816
MinimStreamer のユーザーガイド
http://minimstreamer.com/userguide.html
avconv のインストール
http://www.recantha.co.uk/blog/?p=4106
MinimStreamerの設定
http://minimstreamer.com/userguide.html

固定IPアドレスの設定
http://qiita.com/MarieKawasuji/items/b088ffb252a92eee8f5d

ニーズがなさそうな内容なので、キチンと整理していません(^^;)
アクセスがそれなりにあるようなら、後日整理します。

volumio2 に MinimServer をインストール

備忘録

途中表示される質問には基本 "yes" or "y"

"wget" するアドレスが分からない(笑)ので、Mac で "MinimServer" と "jdk" をダウンロード。
MinimServer-0.8.4-linux-armhf.tar
jdk-8u111-fcs-bin-b14-linux-arm32-vfp-hflt-22_sep_2016.tar

Mac から Samba で接続して、ダウンロードした tar ball を "/mnt/INTERNAL" にコピー。

ssh で volumio にログイン。
$ ssh volumio@volumio.local
password: volumio

プログラク格納用のディレクトリを作成。
$ mkdir java
$ mkdir minim

Mac から tar ball をコピーしたディレクトリに移動。
$ cd /mnt/INTERNAL

tar ball を先ほど作成したディレクトリに移す。
$ mv jdk-8u111-fcs-bin-b14-linux-arm32-vfp-hflt-22_sep_2016.tar /home/volumio/java/

$ mv MinimServer-0.8.4-linux-armhf.tar /home/volumio/minim/

$ cd /home/volumio/java/

解凍
$ tar -xvf jdk-8u111-fcs-bin-b14-linux-arm32-vfp-hflt-22_sep_2016.tar

$ ./jdk1.8.0_111/jre/bin/java -version
-----------------------------------------------------------
java version "1.8.0_111"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_111-b14)
Java HotSpot(TM) Client VM (build 25.111-b14, mixed mode)
-----------------------------------------------------------

シンボリックリンクを作成
$ sudo ln -s /home/volumio/java/jdk1.8.0_111/jre/bin/java /usr/local/bin

パスを通す(必要なかった)
末尾に追加
$ sudo nano /etc/profile
-----------------------------------------------------------
export PATH=$PATH:/opt/java/jdk1.8.0_111/jre/bin
-----------------------------------------------------------

$ cd /home/volumio/minim

$ tar -xf MinimServer-0.8.4-linux-armhf.tar

MinimServerのセットアップ。
$ minimserver/bin/setup

MinimServerをスタート。
$ minimserver/bin/startc

音楽が保存されているディレクトリを聞かれるので....
>Enter content directory, or null to continue:
>#/media


参考にしたサイト様
http://www.oracle.com/technetwork/articles/java/raspberrypi-1704896.html
http://www.oracle.com/technetwork/jp/articles/java/ja-topics/raspberrypi-1704896-ja.html#Java
http://minimserver.com/install-raspbian.html#Installing%20Java%20on%20the%20Raspberry%20Pi
http://qiita.com/okayama_fumi/items/8c3518d2006ea714fed5
http://d.hatena.ne.jp/Akineko/20090825/1251187210

2016年10月28日金曜日

Raspberry Pi 3 Model B に MiniDLNA & BubbleUPnP Server をインストール

ホントの備忘録

Raspberry Pi 3 Model B(Raspbian Jessie Lite) に  "MiniDLNA" と "BubbleUPnP Server" をインストール。

ログイン。
$ ssh pi@192.168.xx.xx

 @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
@    WARNING: REMOTE HOST IDENTIFICATION HAS CHANGED!     @
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

こんな警告が出て接続できない。
いくつかある対処法方のうち、以下のコマンドで対応。
$ ssh-keygen -R 192.168.xx.xx

これでうまくいかない時は、
$ vi ~/.ssh/known_hosts

で該当するホストの行を削除。

ログイン。
$ ssh pi@192.168.xx.xx
Password: raspberry

念のためrootファイルシステムを拡張。
$ sudo raspi-config

メニュー "1" を実行して再起動。

サーバーからパッケージ・リストを入手。
ホスト名 " raspberrypi.local" でアクセスするため "avahi" をインストール。
UPnP/DLNAサーバーである "MiniDLNA" をインストール。
$ sudo  apt-get update
$ sudo apt-get install avahi-daemon(既にインストール済みだった ^^;)
$ sudo apt-get install minidlna

念のためリブート。
$ sudo reboot

ssh でログイン。
 $ ssh pi@raspberrypi.local
 password: raspberry

 javaのインストール
$ sudo apt-get update && sudo apt-get install oracle-java8-jdk

zipファイルをダウンロードするディレクトリを作成。
$ cd /opt
$ sudo mkdir bubbleupnp
$ cd bubbleupnp

BubbleUPnP Server をダウンロード。
$ sudo wget http://www.bubblesoftapps.com/bubbleupnpserver/BubbleUPnPServer-distrib.zip -O bubbleupnpserver.zip

解凍。
$ sudo unzip bubbleupnpserver.zip

"launch.sh" のアクセス権を変更。
$ sudo chmod +x launch.sh

BubbleUPnP サーバーを起動。
$ sudo ./launch.sh > /dev/null 2>&1 &

( 色々メッセージを吐く起動方法は、
sudo ./launch.sh )

ブラウザで動作チェック。
http://raspberrypi.local:58050/

起動時にBubbleUPnP Server がスタートするよう設定。nano を使って /etc/init.d/ に "BubbleUPnPServer" というファイルを作成し、以下のテキストをコピペしてセーブ。
$ sudo nano /etc/init.d/BubbleUPnPServer
---------------------------------------------------------------------------------------------

#!/bin/bash
### BEGIN INIT INFO
# Provides:          BubbleServer
# Required-Start:    $remote_fs $syslog
# Required-Stop:     $remote_fs $syslog
# Default-Start:     2 3 4 5
# Default-Stop:      0 1 6
# Short-Description: BubbleUPnP Server Background Service Management
# Description:       Used to ensure BubbleUPnP starts/stops etc
### END INIT INFO

DAEMON_PATH="/var/www/bubbleupnp"

DAEMON="java -Xss256k -Djava.awt.headless=true -Djava.net.preferIPv4Stack=true -jar BubbleUPnPServer.jar"
DAEMONOPTS=""

NAME=BubbleUPnPServer
DESC="Runs BubbleUPnPServer"
PIDFILE=/var/run/$NAME.pid
SCRIPTNAME=/etc/init.d/$NAME

case "$1" in
start)
  printf "%-50s" "Starting $NAME..."
  cd $DAEMON_PATH
  PID=`$DAEMON $DAEMONOPTS > /dev/null 2>&1 & echo $!`
  #echo "Saving PID" $PID " to " $PIDFILE
        if [ -z $PID ]; then
            printf "%sn" "Fail"
        else
            echo $PID > $PIDFILE
            printf "%sn" "Ok"
        fi
;;
status)
        printf "%-50s" "Checking $NAME..."
        if [ -f $PIDFILE ]; then
            PID=`cat $PIDFILE`
            if [ -z "`ps axf | grep ${PID} | grep -v grep`" ]; then
                printf "%sn" "Process dead but pidfile exists"
            else
                echo "Running"
            fi
        else
            printf "%sn" "Service not running"
        fi
;;
stop)
        printf "%-50s" "Stopping $NAME"
            PID=`cat $PIDFILE`
            cd $DAEMON_PATH
        if [ -f $PIDFILE ]; then
            kill -HUP $PID
            printf "%sn" "Ok"
            rm -f $PIDFILE
        else
            printf "%sn" "pidfile not found"
        fi
;;

restart)
    $0 stop
    $0 start
;;

*)
        echo "Usage: $0 {status|start|stop|restart}"
        exit 1
esac

---------------------------------------------------------------------------------------------
コピペしたら、
( DAEMON_PATH="/var/www/bubbleupnp" )を BubbleUPnP Server を解凍したディレクトリに変更。

セーブして nano を終了。

"/etc/init.d/BubbleUPnPServer" のアクセス権を変更。
$ sudo chmod 755 /etc/init.d/BubbleUPnPServer

自動起動の設定。
$ sudo update-rc.d BubbleUPnPServer defaults

リブート。
$ sudo reboot
(または
 $ sudo shutdown -r now )

ブラウザで BubbleUPnP Server の起動を確認。
http://raspberrypi.local:58050

起動しない(笑)"launch.sh" から類推して "/etc/init.d/BubbleUPnPServer" を以下のように修正したら起動(爆)

(誤)
DAEMON="java -Xss256k -Djava.awt.headless=true -Djava.net.preferIPv4Stack=true -jar BubbleUPnPServer.jar"

(正)
DAEMON="java -Xss256k -Djava.awt.headless=true -Djava.net.preferIPv4Stack=true -Dfile.encoding="UTF-8" -jar BubbleUPnPServerLauncher.jar"

一応、BubbleUPnP Server とおまけで MiniDLNA のインストール成功。

Raspberry Pi をシャットダウン
$ sudo shutdown -h now

---------------------------------------------------------------------------------------------
続き

起動時にNASをマウントする設定を行う。
NAS のユーザー&パスワードを "/etc/fstab.cred" というファイルを作って保存。
$ sudo nano /etc/fstab.cred
---------------------------------------------------------------------------------------------
username=USER
password=PASSWORD
---------------------------------------------------------------------------------------------

"fstab.cred のアクセス権を設定。
$ sudo chmod 600 /etc/fstab.cred

"/etc/fstab" に以下の1行を追加。
$ sudo nano /etc/fstab
---------------------------------------------------------------------------------------------
//192.168.xx.xx/Multimedia/Music /mnt/storage cifs credentials=/etc/fstab.cred,iocharset=utf8,file_mode=0777,dir_mode=0777 0 0
---------------------------------------------------------------------------------------------

minidlna の設定。
$ sudo nano /etc/minidlna.conf
---------------------------------------------------------------------------------------------
#   * "A" for audio    (eg. media_dir=A,/var/lib/minidlna/music)
#   * "P" for pictures (eg. media_dir=P,/var/lib/minidlna/pictures)
#   * "V" for video    (eg. media_dir=V,/var/lib/minidlna/videos)
media_dir=/var/lib/minidlna
media_dir=A,/mnt/storage           コメントアウト

# Automatic discovery of new files in the media_dir directory.
inotify=yes

# Notify interval, in seconds.
notify_interval=895                    コメントアウト
---------------------------------------------------------------------------------------------

再起動してブラウザでDBができているか確認。
http://raspberrypi.local:8200/

失敗。コントロールポイントにサーバーが表示はされるが、アルバムや曲は表示されず。しかもサーバがハングアップ。

解決策を発見。
$ sudo nano /etc/minidlna.conf
----------------------------------------------------------------------------------------------
# set this if you would like to specify the directory where you want MiniDLN    A to store its database and album art cache
db_dir=/var/cache/minidlna            コメントアウト  
---------------------------------------------------------------------------------------------

再起動して、、、成功!

・・・・・と、思ったら、iOS の foobar2000 では正常なのに Kazoo でアクセスしたらハングアップ。

どして?


参考

 apt-getでインストールしたパッケージをアンインストールする方法
 $ sudo apt-get --purge remove パッケージ名

アクセス権を調べる
$ ls -l

参考にさせていただいたサイト様
ログインできない問題
http://qiita.com/grgrjnjn/items/8ca33b64ea0406e12938
java をインストール
https://www.raspberrypi.org/forums/viewtopic.php?f=81&t=101543
起動時に "BubbleUPnP Server" を自動起動
https://www.raspberrypi.org/forums/viewtopic.php?f=38&t=73464
NASの自動マウント
https://skalldan.wordpress.com/2013/01/09/mac・windows・linux-で起動時に-nas-を自動マウントする方法/
MiniDLNA が正常作動しない問題の解決策
http://ameblo.jp/arimasou16/entry-11758551996.html

2016年10月25日火曜日

リトグリ、AbemaTV で生配信!

なんと1時間半の生配信(^-^)/
これは見逃すと3ヶ月くらいは後悔することになりそうです(笑)

「日本のオーディオメーカー一覧」に追加しました。

以下のブランドを追加しました。

Bell Wood Lansing(有限会社ベルウッドランシング)
http://www.bellwoodlansing.co.jp/
手作りでしか成し得ない、髪の毛ほどの太さの純銅線を手で撚ったリード線を使用し、音声信号への悪影響を回避。アーティストの気迫が伝わるようなサウンドを提供。

TRIODE(株式会社トライオード)
http://www.triode.co.jp/index.html
「低価格で魅力ある商品」をコンセプトに多くの製品をオーディオマーケットに投入。ローコストながら内外の高級パーツを使用し、音楽の魅力が伝わるトライオードサウンドを創出している。

音の工房
http://otonokobo.jp/
なぜかホッとするこの安らぎ感、そしてびっくりするほど澄んだ音。国産の部品にこだわり、「made in JAPAN」の真空管アンプを真心込めて制作。

2016年10月22日土曜日

volumio 2 に MiniDLNA をインストール・・・できず(笑)

volumio 2 に MiniDLNA がインストールできるようなことがこちらに書かれていたので、トライして見たのですが、ダメでした(笑)

行ったことを備忘録的に書くと....

$ ssh volumio@volumio.local
password: volumio

$ su -
password: volumio

# apt-get update
# apt-get install minidlna

# nano /etc/minidlna.conf
# followed by a comma, as so:
#   * "A" for audio    (eg. media_dir=A,/var/lib/minidlna/music)
#   * "P" for pictures (eg. media_dir=P,/var/lib/minidlna/pictures)
#   * "V" for video    (eg. media_dir=V,/var/lib/minidlna/videos)
media_dir=/var/lib/minidlna
media_dir=A,/media
再起動
# service minidlna restart

動作をチェック
# ps -A | grep minidlna

これで、"http://192.168.xxx.xxx:8200" を表示させると、DBが正常に出来ていることが確認できましたが、コントロールポイントが MiniDLNA を認識しません。

ネットでさらに調べて、minidlna.conf にRaspi のアドレスを追加。
listening_ip=192.168.xxx.xxx

・・・・変化なし。

これ以上は知識がないのでお手上げの状態です。
どこが悪いのでしょうか?それともインストールできないのかな?

(追記)
"/etc/minidlna.conf" を1箇所修正することで正常動作しました!

-------------------------------------------------
# set this if you would like to specify the directory where you want MiniDLN    A to store its database and album art cache
db_dir=/var/cache/minidlna           コメントアウト
----------------------------------------------------

(さらに追記)
iOS版の foobar2000 では正常に動作したのに、LUMIN でアクセスしたらハングアップ。なんで?

2016年10月20日木曜日

lightMPD のボリュームを有効にする方法

mpd.conf のmixer_type を disable から software に変更することでボリュームの調整が可能になる。(2箇所あるので両方とも変更)

ただし、音量を絞ると音質が著しく悪くなる。








2016年10月18日火曜日

「日本のオーディオメーカー」を追加しました

「小規模・ガレージメーカー」改め「日本のオーディオメーカー」に追加しました。

逸品館
http://www.ippinkan.co.jp/airbow/top.html
市販の製品に独自のノウハウに基づくチューニングを加え "AIRBOW" ブランドで販売。

逢瀬
http://ause-audio.com
日本の滝をイメージしたシリーズ名 "WATERFALL" で分離の良さに高音質の基準を置いた製品群を展開。自然の息吹、パフォーマーの息遣い、音楽の色濃い感動…数多にある喜びとの「逢瀬」を、今ここに。

ザ・キット屋(株式会社サンバレー)
http://www.kit-ya.jp
オリジナルの真空管アンプキットを中心に販売。

Accuphase(アキュフェーズ株式会社)
https://www.accuphase.co.jp
日本を代表するピュアオーディオの専業メーカー。高価格帯の家庭用及び業務用のオーディオ機器を製造販売。アフターサービスが充実しており、長期間の修理に対応。

DENON(株式会社ディーアンドエムホールディングス)
http://www.denon.jp/jp
株式会社ディーアンドエムホールディングスの音響機器のブランドのひとつ。日本初のレコード・蓄音器製造会社、および日本初の業務用録音機器製造会社を起源とするオーディオブランド。

marantz(株式会社ディーアンドエムホールディングス)
http://www.marantz.jp/jp/Pages/Home.aspx
株式会社ディーアンドエムホールディングスの音響機器のブランドのひとつ。1953年にインダストリアルデザイナーで電気技術者のソウル・バーナード・マランツがアメリカで設立した「マランツ・カンパニー」からブランドを継承。

ONKYO(オンキョー株式会社)
http://www.jp.onkyo.com/audiovisual/
1946年に設立された大阪電気音響社が源流。

ESOTERIC(エソテリック株式会社)
http://www.esoteric.jp/index.html
ティアック株式会社のハイエンドオーディオのブランドとして始まる。現在はティアック株式会社100%出資の企業として独立。日本を代表するハイエンドオーディオメーカーのひとつ。

Fostex(フォスター電機株式会社)
http://www.fostex.jp
フォスター電機(株)のブランド名。高性能なスピーカーユニットにより自作派から強い支持を受ける。近年は完成品のスピーカーシステムやイヤホン・ヘッドフォン等も同ブランドで販売。

TAD(Technical Audio Devices)
http://tad-labs.com/jp/
かってはパイオニアのプロフェッショナル向けオーディオ製品のブランド名であった。 2007年10月1日に株式会社テクニカルオーディオデバイセズラボラトリーズ設立。家庭用及び業務用超高級システムを製造販売。

Technics(パナソニック株式会社)
http://jp.technics.com
パナソニック株式会社の音響機器向けブランド。2010年をもって一旦終息したが、2014年9月に再展開が発表され、日本では2015年2月より新製品が順次発売されている。

YAMAHA(ヤマハ株式会社)
http://jp.yamaha.com
世界最大の楽器メーカーでピュアオーディオでも長い歴史を持つ。一時期ピュアオーディオ分野からはほぼ撤退状態であったが近年復活。

TAOC(アイシン高丘株式会社)
http://www.taoc.gr.jp
アイシン高丘株式会社のハイグレードオーディオのためのブランド。鋳鉄製品のトップメーカーとして長年培ってきた技術を活かし、スピーカーシステムやアクセサリーを開発。

HANIWA(クボテック株式会社)
http://kubotek.com/haniwa/
フリクエンシー・ドメインとタイムドメインの2つの特性を両立させた独自のF&T理論に基づくスピーカーシステム等を開発。

DIATONE(三菱電気エンジニアリング)
http://diatone.mee.co.jp/index.html
オーディオ・ビジュアル機器に用いられる三菱電気の登録商標。日本を代表するスピーカーブランド。同ブランドは1999年に一市場から姿を消したが、2005年に三菱電気エンジニアリング株式会社がハイエンド製品で同ブランドを復活。

LUXMAN(ラックスマン株式会社)
http://www.luxman.co.jp
1925年大阪にあった錦水堂額縁店のラジオ部として創業。ラックストーンとして知られ、強いブランド力を持つ。

TEAC(ティアック株式会社)
https://teac.jp/jp/
1953年、東京テレビ音響株式会社として東京都武蔵野市に設立。テープデッキ、殊に往年のオープンリール式テープレコーダーが高い人気を誇った。TEACブランドの他、民生用高級音響ブランドのESOTERIC、業務用音響ブランドとしてTASCAMを有する。

2016年10月17日月曜日

iPhone/iPad をダウングレードする方法

iPad mini2 を iOS10 にしてしまい、遅いとか、かな漢字変換がおかしいとかいろいろ不具合があったので、iOS9 にダウングレードしました。その手順の個人用備忘録です。


必要な準備
  1. 最新バージョンのiTunesをインストールしている PC or Mac
  2. インターネット接続環境
  3. Apple 認証 Lightning - USB ケーブル
  4. 十分な作業時間

ダウングレードの手順
  1. iTunes または iCloud で iPhone/iPad をバックアップ
  2. iPhone/iPad の "設定" --> "iCloud" --> "iPhone/iPadを探す" をオフにする
  3. こちらから所有機種用の "Signed IPSWs" と表記されているファームウェアをダウンロード
  4. Lightning - USB ケーブルで iPhone/iPad を PC or Mac に接続して、iTunes を起動
  5. iPhone/iPad の電源ボタンとホームボタンを同時に10秒押す
  6. iPhone/iPad の画面上に Apple ロゴが表示されたら、電源ボタンを離す
  7. (iTunesはリカバリーモードのiPhone/iPadを見つけました。iTunesでご利用になる前にこのiPhone/iPadを復元する必要があります)といった趣旨のダイアログが出たらホームボタンを離し、"OK" をクリック
  8. iTunes で、デバイスの "概要" に入り、"iPhone/iPad を復元" ボタンを Windowsの場合は "Shift" キーを押しながらクリック(Macなら "Alt/Option" キーを押しながらクリック)
  9. ダウングレードしたファームウエアを選択して、"開く" ボタンをクリック
  10. 確認ダイアログが表示されたら、"復元" をクリック
※なお、"Unsigned IPSWs" と表記されているファームウエアはダウンロードできても、使えないようです。

私の場合はこれでダウングレードできましたが、危険を伴う作業なのでこのページは参考にしないでくださいね(^^;)
"iOS + ダウングレード" で検索すれば有益なサイトが見つかるはずです。

2016年10月15日土曜日

リトグリメンバーのはじまりに迫る!~manaka編~


YouTubeで初めて聴いた「福本まなか」さんの歌声は衝撃でした。

神に祝福された「声」があるとするなら、それは manaka さんの声ですね。

そして信念の人。

夢が叶うのを見届けたいです。




2016年10月14日金曜日

「小規模・ガレージメーカー」を追加しました

こちらのページに追加しました。




CAS AUDIO
http://cas-audio.com
難易度の高い陶器でのエンクロージャー作成を長年培った陶芸技術でクリア。世界最高の強度を持つ、陶器製エンクロージャーが完成。小さなハイエンドスピーカー。

Hasehiro Audio
http://www.hasehiro.co.jp/
バックロードホーンのキット・完成品を製造販売。

Teragaki-Labo
http://www.teragaki-labo.co.jp/index.html
アナログプレーヤー「Σシリーズ」を開発した寺垣武氏が20年以上の開発期間を経て開発した従来の方式と異なる「寺垣スピーカー」を製造。

株式会社ローヤル産業(DEER)
http://www.royalsangyo.co.jp/
一貫した社内制作にこだわり、高度な知識と最先端の技術で励磁型スピーカーを製造。

スピーカーデザイン工房 iizima
http://www.iizima-sp.com
斬新なデザインと上質な音の再現の為、販売するスピーカーは全てハンドメイド。材質から内部のスピーカー機器までこだわった造りは「生音に近いよりよいサウンドを楽しんで頂くため」。

吉本キャビネット株式会社
http://bearhorn.jp
手頃な価格で良質なサウンドを楽しめるスピーカーエンクロージャー「BearHone」を製造販売。完成品のほか組立キットも販売。

KIso Acoustic(キソアコースティック株式会社)
http://www.kisoacoustic.co.jp
高峰楽器とのコラボによるアコースティック楽器の構造を活かしたスピーカーを制作。薄く軽い木製キャビネットが溌剌とした音楽再生を実現。

KRIPTON
http://www.kripton.jp
株式会社クリプトンのオーディオ部門。日本ビクターで「SX-3」を開発した渡邊勝氏が株式会社クリプトンに移籍しスピーカー製造が始まる。一貫して密閉型スピーカーを開発。




2016年10月13日木曜日

リトグリメンバーのはじまりに迫る!~芹奈編~

まさに、The Professional Entertainer !

あふれるショー・ウーマン・シップでいつもガオラーを楽しませてくれます。

天性の才能もあるだろうけど、幼い頃から積み重ねた経験の賜物ですね。




リトグリメンバーのはじまりに迫る!~麻珠編~

既に名だたる歌姫と肩を並べる歌唱力!
その技術と安定感に感動しつつ感心してしまいます。

一途な人なんですよね。

麻珠さんの思い、ガオラー全員にしっかり届いています。



「小規模・ガレージメーカー」を追加しました

こちらをご覧ください -----> http://jcmaetc.blogspot.jp/p/blog-page.html


A & C オーディオ
http://ac-audio.org
瑞々しく鮮烈で、それでいて豊潤な音、こだわりのデザインのオリジナル・スピーカーシステムを提供。

SDサウンド
http://sdsound.jp/index.html
真空管OTLアンプを主体に、自作キットから本格的仕様で作り上げた製品まで,多岐にわたる対応。

G.T.Sound
http://www.gt-sound.com
究極とも言えるスピーカーユニットを使用した2ウェイホーンシステムを展開。




2016年10月12日水曜日

リトグリメンバーのはじまりに迫る!~MAYU編~

本格的に歌のレッスンを始めてすぐに最強歌少女(仮)に参加。

他のメンバーについて行くのは大変だったと思います。

大阪のおばちゃんキャラだけど、優しくて努力を惜しまない人なんですよね。



リトグリメンバーのはじまりに迫る!~かれん編~

幼い頃からダンスや歌、それから楽器のレッスンをずっと続けてきたんですね。

抜群のリズム感はそうした努力の結果身についたのでしょうか。

まじめで誠実な人だな、っていつも思います。

そんな人柄が多くの人の共感を呼んでいるのでしょうね。




リトグリメンバーのはじまりに迫る!~アサヒ編~

これは素晴らしい企画です!STAFFさんナイス。
アサヒさん、あまりブログ書かないけど、笑いのツボ押さえてますね〜(^^)

不思議ちゃんキャラでいつもほのぼのとした雰囲気を醸してるアサヒさんですが、辛いことも一杯あったんですね。

それを乗り越えて、今、素敵な歌を私たちに届けてくれているですよね。





「小規模・ガレージメーカー」を追加しました

小規模・ガレージメーカー」を追加しました。
http://jcmaetc.blogspot.jp/p/blog-page.html

テクニカルサンヨー
http://ss5.inet-osaka.or.jp/~teksanyo/index.html
オーディオパーツ・DCアンプパーツの専門店。完成品アンプも販売。

アンプSHOP ミズナガ
http://www.mizunaga.jp/
カスタム(特注)真空管アンプの設計・製作、真空管アンプキットの販売、真空管アンプ修理その他のサービスを提供。聴いてみたかったアンプ回路や、試してみたかったプランを実現。

アクアオーディオラボ
http://www.aqua-audiolab.com/
長年に渡り、サンスイのオーディオアンプを開発してきた企画、開発の中枢メンバーで構成するラボ。山水アンプの修理は国内で販売されたモデル総てを対象とした修理、また、海外、国内の名器の修理、オーバーホールも受付けている。

高井工芸
http://www.highcraft.org/
箱根寄木細工デザインスピーカー専門店。

Rr(アールアール)
http://www.rrltd.co.jp/
生演奏の感動を約束するフィールド型スピーカーシステム企画・製作・販売。躍動感のあふれる感動的な音楽再生を目指し、機器の開発や器材選定、システム構築を行っている。

オーディオロマネスク
http://www.audio-romanesque.com
生録音源を参考に製品を開発。



2016年10月11日火曜日

"Raspberry Pi 3" に "MoOde audio player Relese 2.7" をインストール

"Raspberry Pi 3" に "MoOde audio player Relese 2.7" をインストールして最小限の初期設定をやってみたいと思います。

下準備として、USB HDD(もしくは USB メモリー) に音楽用のフォルダを作り、その中にアーティストのフォルダを作り、さらにその中にアルバムのフォルダを作り、その中に音楽ファイルを入れておきます。

そして、RPi 3 を有線LAN につなぎ、音楽ファイルを入れたUSB HDD と "USB Audio Class 2.0" に対応した USB DAC を RPi 3 に接続します。

本当は、RPi の場合、USB DAC じゃなくて I2S DAC を使うのが音質面で有利というか、お約束になってるようです。←持ってない(^^;)
あ、DAC はアンプに接続しておいてください。



イメージファイルのダウンロード
イメージファイルは公式サイトからダウンロードできます。"sourceforge.net" が幾分ダンロードの速度が早いかもしれません。




イメージファイルのインストール
ダウンドードしたファイルを microSD カードに書き込むまでの手順はこちらのページを参考にしてください。全く同じ手順ではないですが、勘所は共通しています。



設定
ディスクイメージを書き込んだ microSD を RPi 3 にセットし電源を入れます。

RPi と同じ ネットワーク に接続した "Windows 10 PC" のブラウザのアドレスバーに "moode.local" と入力。すると下のような Web UI が表示されます。
(Win 8.1 以前の場合は iTunes をインストールしていれば表示されます)

ここで、画面右上の "三"マーク(以下「メニュー」といいます。)をクリックし、続いて "Configure" をクリックします。

"System" をクリック。

"General" の "Timezone" で "Asia/Tokyo" を選択し、"SET"。

続いて "メニュー" --> "Configure" --> "MPD" をクリック。

"Audio device" をクリックし、"On-board audio device" を選択します。

"APPLY" をクリック。しばらく待つと設定の変更が反映されます。

これで DAC の設定ができました。



データベースの更新
次に、MPD のデータベースを更新します。
メニューをクリックし、続いて "Configure" をクリック。下の画面が表示されるので、"Sources" をクリックします。

"UPDATE MPD DB"をクリックします。

データベースがアップデートされている間は右下の "Updating" の矢印が回転します。

回転が止まったら、データベースの更新は完了です。



音楽の再生 1
以上で、音楽再生の準備は "一応" できたので、以降は再生の手順を書きます。

※以降は、DACがアンプに繋がっているか、アンプの電源が入っているかを確認して操作してください。

画面左下の "Browse" をクリック。

"USB" をクリックすると接続した USB メディアが表示されるので、アルバム名のフォルダが表示されるまで続けてクリックします。


アルバム名のフォルダが表示されたら、①アルバム名の右端のメニューをクリックし、続けて②"Play" をクリックします。これで音楽の再生が開始されます。(されましたよね ^^;)

次に画面右下の "Playback" をクリックしてみます。

すると、左ペインにはアルバムに含まれる楽曲名、右ペインには現在再生中の曲名がアルバムアートとともに表示され、中央では上の円で演奏時間がカウントされているはずです。

改めて、"Browse" をクリックします。

先ほどは、"Play" をクリックしましたが、"Add" をクリックすると再生中のアルバムの続きに曲が追加されます。

"Clear/Play" は、"Playbacl" の曲名リストを一度クリアして、選択した曲をリストに表示し再生を開始します。

"Update this folder" は、(多分)データベースの更新だと思います(^ω^;)



音楽の再生 2
次に、画面下中央の "Library" をクリックします。すると下の画面が表示されます。

試しに "GENRES" を適当に選ぶと、そのジャンルの属するアーティストが表示されます。

ここで①アルバムアートをクリックすると、"Add"、"Play"、"Clear/Play"とメニューが表示され、先ほどの説明と同じ操作ができます。また、②曲名の右に表示された メニューをクリックしても同じ操作ができます。

このように "GENRES" や "ARTISTS" をクリックすることでアルバムや曲を選択することができます。

そして、"GENRES"、"ARTISTS"、"ALBUMS" の「見出し行」をクリックすると選択前の状態に戻ります。



ボリュームの設定変更
再度 "Playback" をクリックします。

ボリュームを時計回りにドラッグします。

初期設定では 20 を超えると下図のような警告が表示され、それ以上ボリュームを上げることができません。

これを変更するには、メニューをクリックし、 "Customize" をクリック。

"Volume warning limit" を適当な数値に変更し、"UPDATE" します。

これで、変更した数値までボリュームを上げることができるようになります。
※音質を重視するなら、"Configure" => "MPD" => "Volume control" を "Disabled" に設定した方が良いようです。



I2S DAC の設定
I2S DAC を使用する場合は、"Menu" --> "Configure" --> "System" の "Audio" セクションで所有している I2S DAC を選択し、"SET" します。

この辺りは、I2S DAC を所有していないので、外している可能性があります。ご容赦ください。



シャットダウン
Raspberry Pi 3 の電源を切る際は、必ずシャットダウンをする必要があります。
"メニュー" --> "Restart" をクリック。

"SHUTDOWN" をクリック。しばらく待って、Raspberry Pi 3 の緑のパイロットランプが点滅しなくなったら、電源を切ります。



以上で「必要最小限」の設定と操作の解説終了です(^^)
設定項目が簡略化された volumio と比べると少し複雑ですね。

設計思想の違いが、かなり現れてきている感じです。

「リトグリライブツアー2016〜Little Colorful Monster〜 神戸国際会館こくさいホール」参戦!


10月28日に行われた「リトグリライブツアー2016〜Little Colorful Monster〜神戸国際会館こくさいホール」観てきました。

いや〜良かったです。メンバー全員かなりコンディションが良く、声がしっかり出ていた印象。

それから、7月16日(日)の「私だけのドリカム THE LIVE in 万博公園」は音響が万全とは言いがたく、9月11日の「大阪城野外音楽堂」は席が端っこでスピーカーのサービスエリアから外れていたので、久しぶりにまともな音でグリ子ちゃん達の歌声を聴くことができました。

例によって興奮のしすぎでセトリはよく覚えていません(笑)が、アンコール3曲目にマイクを離して " Seasons of Love" 演ってくれたのがジーンときました。

次は武道館か。楽しみです(^^)

Rei さん最高でした "FM802 MINAMI WHEEL 2016"

行ってきました、FM802 MINAMI WHEEL 2016。
お目当は Rei さんだけ(笑)

音楽(の専門用語)に疎い私が長々と色々書いても的外れになるだけなので、「とにかくギターが凄かった。それから、ちょっと弱いかもと思っていたボーカルも全然そんなことなくて素晴らしかった。」とだけ書いておきます(笑)

あと、CD とライブでの演奏は全然別物です。絶対にライブに参戦すべし。特にキャリアの長い音楽ファン(おっさんやね)なら泣きそうになること請け合います。


2016年10月8日土曜日

Rei(レイ)シンガー・ソングライター/ギタリスト

数ヶ月前 YouTube で見つけて以来大注目中のアーティスト、Rei さん。

兵庫県伊丹市生まれで、ニューヨークに住んでいた4歳の時にクラシックギターを始め、5歳でブルーズに出会ったそうです。

とにかくギターのテクニックが素晴らしく、YouTube で初めて演奏を見たときは「なんじゃこりゃ〜(驚)」でした(笑)

まだ簡単なプロフィールしかわからないのですが、やっと明日ライブを見に行くことができます。楽しみだな〜(^o^)




2016年10月7日金曜日

ダンスのレッスンもしっかりやってたんですよね

リトグリ公式の Twitter アカウントが初めてツイートしたメンバーの写真。

しっかりダンスのレッスンしていますね。

メジャーデビューしてからしばらくはボーカルオンリーのグループといった感じでしたが、踊ろうと思えばいつでも本格的に踊れるよう、準備していたわけです。

ところで、メンバーの個別アカウントは消えましたが、公式アカウントは削除しないし、過去のツイートも消さないですよね?

そう思ってブログで使わせていただいているので、よろしくお願いします。スタッフさま!

リトグリが「アクアパーク品川」とコラボ

期間は2016年10月8日(土)から11月13日(日)までなんですが、コラボに先駆けて10月6日(木)にメンバーがスペシャルドルフィンパフォーマンスで生歌を披露したようです(^o^)

イルカと一緒にパフォーマンスできるので、メンバー全員テンション高めです。

特に小さな頃からイルカが大好きだったという MAYU ちゃんはノリノリで、ショーが終わった後は軽い「イルカロス」(笑)

アクアパーク品川
〒108-8611 東京都港区高輪4-10-30
(品川プリンスホテル内)
TEL 03-5421-1111<音声ガイダンス>




2016年10月6日木曜日

foobar2000 を BubbleUPnP Server で OpenHome に対応させる

私信のページです(^^;)

1. foobar2000 のインストールと音楽再生
2. foobar2000 を UPnP/DLNA Renderer として使う
3. foobar2000 を UPnP/DLNA Server として使う
4. foobar2000 のデザインを変更する
5. foobar2000 を BubbleUPnP Server で OpenHome に対応させる

の 5 項目で構成しています。
このページは、「5. foobar2000 を BubbleUPnP Server で OpenHome に対応させる」です。



「foobar2000 を UPnP/DLNA Server として使う」では、Linn Kazoo を "コントロールポイント(コントロールアプリ)"、foobar2000 を "UPnP/DLNA サーバー"、そして volumio もしくは moOde audio player を "UPnP/DLNA Renderer(プレーヤー)"として音楽を再生する方法を書きました。

foobar2000 も UPnP/DLNA Renderer の機能があるので、Linn Kazoo でコントロールできたら便利なのですが、残念ながらできません。

Linn Kazoo は、"OpenHome" という「ネットワークオーディオプレーヤーの機能を定めた規格」に準拠したレンダラー(プレーヤー)しか認識しないのですが、foobar2000 はどうやら OpenHome に準拠していないようなのです。

何とかならないものかと情報を漁っていたら、「言の葉の穴」さんに情報がありました。

"BubbleUPnP Server" というものを使えば foovar2000 をOpenHome に対応させることができるようです。

これは結構役に立つかもしれないので、早速試してみます。



JAVA のインストール
「コントロールパネル」の「プログラム」を開き、"JAVA" がインストールされていなければ、(https://java.com)からダウンロードしてインストールする。



BubbleUPnP Server をダウンロード
公式サイトから Windows PC にインストールするので、"Windows installer" を
ダウンロードする。
https://www.bubblesoftapps.com/bubbleupnpserver/



foobar2000 を起動
"UPnP/DLNA Renderer, Server, Control Point" がインストール済みの foobar2000 を起動する。(foobar2000 を起動するタイミングはここでなくても良いが、BubbleUPnP Server の設定を行う前に起動している必要があります)



BubbleUPnP Server を PC にインストール
ダウンロードした "BubbleUPnPServer-installer.exe" を使って PC にインストールする。通常のプログラムをインストールする場合と手順は同じ。


BubbleUPnP Server の設定
01. インストールが終わると下図のメッセージが表示されるので、"I want to access my Media Server from the Internet" のチェックを外す。


02. "Network and Security" の赤枠で囲った部分にチェックが入っていれば外す。


03. "Media Renderers" の foobar2000 をクリックし、"Create an OpenHome renderer" と "Gapless playback" にチェックを入れる。


以上で BubbleUPnP Server の設定は終了。


Linn Kazoo で操作
01. foober2000 を起動した状態で iPhone 等で Linn Kazoo を起動すると下図の状態になるので、"Waiting for Main Room..." をタップする。


02. ①"foobar2000 Renderer ***" をタップする。続いて左上②をタップする。


03. 右下の "Settings" をタップ。


04. "foobar2000 Media Server ***" をタップし、続いて "Close" をタップ。


05. "Media Library" をタップ


06.  "Albums" をタップ。


07.  ①をタップで演奏が始まり②をタップで演奏状況が表示される。



以上 v(^-^)
インストールしてさっと再生を試しただけなので、設定が追い込めていないかもしれませんが快調です。



BubbleUPnP Server をインストールすることで、foobar2000 を Linn Kazoo でほぼ完全にコントロールすることができました。

とても便利になるのですが、
① JAVA をインストールする必要がある
② PC を起動すると BubbleUPnP Server も常時起動する

この 2 点が日常使いの PC にインストールする際に気になるところでしょうか。

BubbleUPnP Server が常駐しても、PC の動作が重くなるということはなく、メモリーを多少消費するだけのようですが。



演奏中に左下のアルバムアートをクリックすると.....


アルバムアートが拡大表示されるのですが......
サンプリングレートの表示が変ですね (^^;)



イメージファイルをメモリーカードに書き込む方法

volumio、moOde audio player、OpenELEC、LIbreELEC 、そして OSMC 等は、イメージファイル(ディスクイメージ)をメモリーカード(USBメモリー or SDカード)に書き込んでインストールします。

このページではイメージファイルをメモリーカードに書き込む方法を解説します。



Win32 Disk Imagerをダウンロード&インストール
01.メモリーカードにディスクイメージを書き込むためのソフト、"Win32 Disk Imager"を「日本語情報トップページ」からダウンロードする。最新版 "exe"ファイルをクリック。(本家からでも、もちろん OK)

02.以下の画面が表示されるので、ダウンロードの終了を待つ。

03.「ダウンロードが終了しました。」と表示されたら、「実行」をクリック。

04.「この不明な発行元からのアプリがPCに変更を加えることを許可しますか?」と聞かれるので、「はい(Y)」をクリック。
05.セットアップウイザードが開くので"Next"をクリック。

06."I accept the agreement"を選択して"Next"をクリック。

07.インストール先を聞かれるので、デフォルトでよければ "Next" をクリック。

08.デスクトップにアイコンを作るかどうか聞かれるので、必要ならラジオボタンをクリックし、必要なければそのまま "Next" をクリックする。

09.「インストールの準備ができた」と表示されるので、"Install" をクリック。

10.「セットアップが完了した」と表示されるので "Finish" をクリック。

11."README" が表示されるので閉じる。

12.以下のようなメッセージが表示される場合があるが、"OK" をクリックする。



イメージファイルをダウンロード
※具体例として "volumio" をダウンロードします。

01.ブラウザで"https://volumio.org"を開く。
02.ページ右上の "DOWNLOAD" をクリック。

03."RASPBERRY PI"をクリック=> "DOWNLOAD" をクリック。

04.「ダウンロードが終了しました。」と表示されたら、「開く」をクリック。



ダウンロードしたファイルを展開
01.下の画面が開くので、ダウンロードしたファイルを右クリック。

02.右クリックメニューが開くので「すべて展開」をクリック。

03.展開先を選択して「展開」をクリック。

04.展開中は以下の画面が表示される。

05.下の画面が表示され、種類が「ディスクイメージファイル」のファイルができていれば展開完了。



解凍したファイルをメモリーカードに書き込み
※ここでは具体的な事例として MicroSDカードに書き込みます。

01.ファイルを書き込む MicroSD をカードリーダを使うなどして、PCのUSB端子に接続。

02.先ほどインストールした "Win32 Disk Imager" を起動。以下のようなメッセージが表示されるので、「はい」をクリックする。

03.起動したら下図のウインドーが表示されるので、フォルダのアイコンをクリック。

04.先ほど解凍したファイルを選択して「開く」をクリック。

05.MicroSDカードのドライブを指定。

06."Write" をクリックして書き込み。

07.書き込んで良いか問われるので "Yes" をクリック。

08.書き込みが進行中。

09.書き込みが終了したら下図の表示になるので "OK" をクリック。



以上でメモリーカードにイメージファイルを書き込む作業は終了なので、MicroSD カードを PC から取り出す。